ソロキャンプ ツーリングキャンプ

ツーリングキャンプのマットおすすめは?お気に入りのアレの魅力をご紹介

2022年7月29日

スポンサーリンク

ツーリングキャンプのマットのおすすめが知りたい!

 

そんな方にバイク屋さんで見かけたおすすめのマットをご紹介します。

バイクでのキャンプでは、機能性だけではなくコンパクトさや簡単に空気が膨らむかどうかが重要になってきます。

 

快適な睡眠をとるためにも、マットは必要です!

ツーリングキャンプへ行かれる方はぜひ参考にしてみてくださいね!

 

では早速、ツーリングキャンプのマットのおすすめを見てみましょう。

ツーリングキャンプのマットおすすめは?

それがこちらです。

DAYTONA(デイトナ) インフレータブルマット 』です。

 

ツーリングキャンプを始めるときに、バイク用品のお店で見かけ購入しました!!

購入した理由としては

✅コンパクト

✅軽い

✅空気も膨らましやすく収納しやすい

✅バイク用品専門店ならではの考えられたマットだから

 

また、調べてみると口コミもかなり良かったという点も決め手でした!

 

デイトナ インフレータブルマット

・厚さ3.5cmのウレタンフォームを使用

・自動で膨張し、優れた弾力性を発揮する

・収納袋にバックル、パルステープ、カラビナホールを装備

まさに、ツーリングキャンプ用として考えられて作られていますね

では実際キャンプで使用するとどんな感じなのでしょうか?

実際にキャンプで使ってみた

 

まず、そのコンパクトさに驚きます。

約17センチ×30センチなのでデイトナ ヘンリービギンズのLLサイズにも余裕で入る大きさです。

 

また、重量も約1.15キロなので軽くて持ち運びやすいですよ!

●マットサイズ:約H185×W55×D3.5(cm)
●収納サイズ:約φ170×300(mm)
●重量:約1150g
●素材:表地 ポリエステル+TPU / 裏地 ポリウレタンフォーム

 

バックルを外します。

広げます。

 

空気口を回してあければ自動で空気が膨張します。お好みの硬さまで息を吹きかければ完成です。

 

撤収時も同じです。かなり簡単にしまえるのでとても便利ですよ!!

 

ちなみに私は、OgawaのステイシーSTⅡを使用しています。

>>参考:ステイシーSTⅡの設営方法など詳しくはこちら

大きさもぴったりで、この上にシュラフを敷き寝ますがかなり快適に寝られました!!

 

バイクって長時間運転したりするとかなり疲れますよね!

腰や身体の疲労をしっかりととるためにもインフレーターマットはかなり大切ですよ!

 

 

では実際の口コミはどうなのでしょうか?

デイトナのインフレーターマットの口コミは?

安いマットはその辺のホームセンターで手に入りますが、バイクツーリングには携帯性、クッション性共に、この商品が一番いいのではと思います。

あまりの快適さに朝までぐっすり眠れた。空気の量で調節できる弾力は自分的にはジャストフィット

収納袋がカバンなどに固定しやすくバイクに積載しやすいです
収納袋の耐久性が不安なので替えが買えるといいなあ

初めてのインフレーターマットですが、全く問題が無いと思います。これとコットを組み合わせるだけで非常に快適な寝心地になりました

 

ただ、少し薄いという意見も!

 

厚さを求める方には少し物足りないのかもしれませんね!

5,000円以下で購入できるので価格的には文句ないなと感じています!

>>参考:インフレーターマットコスパ重視でお探しの方はこちら

 

ツーリングキャンプのマットおすすめは?まとめ

ツーリングキャンプでのマットのおすすめは『DAYTONA(デイトナ) インフレータブルマット

バイク用品店だけあり、バイカーのことを考えられたマットです!

 

ツーリングキャンプでのマットをお探しの方にはおすすめですよ!

快適な睡眠をキャンプでも実現しましょう♪

 

-ソロキャンプ, ツーリングキャンプ
-, ,

error: Content is protected !!

© 2022 れっかCAMP Powered by AFFINGER5