インフレーターマット 車中泊

車中泊のマットレスの厚さってどれくらい必要?高評価おすすめ4選ご紹介

スポンサーリンク

車中泊で使用するマットレスの厚さってどれくらい必要なのでしょうか?

 

これから車中泊をしようと思うんだけどマットレスはどんなものを買っていいのか迷っているよ

 

こんな疑問にお答えします。

正しいマットレスを使用することで、車中泊でも快適な睡眠を実現できます。

 

逆に、ちゃんとしたマットレスを敷いて寝ないと、寝心地も悪く腰痛などの身体への負担が出てしまいますよ!

 

車中泊に必要なマットレスの厚さを知り、快適な睡眠になるようなマットレスを選んでいきましょう!

車中泊のマットレスの厚さってどれくらい必要?

旅行先やいつもと違う空間を味わえる車中泊。

車の中で寝られるので、寝具さえしっかりと持っていけば簡単に泊まれますね。

 

しかし、車中泊は寝具がとても大切です。

特に、家で寝る時と違い椅子を倒して寝るので、マットレスをしっかりとしかないと腰や背中の負担が大きくなってしまうからです。

 

そこで、マットレスが役立つというわけですね。

身体への負担を軽減するために、マットレスは必要不可欠です。

そして、気になる厚さですが最低でも5㎝くらいはほしいものです。

 

推奨は7㎝以上です!!

 

3㎝くらいの厚さのものもありますが、やはり薄いので少し身体への負担が気になるところです。

これから購入する方は最低でも5㎝以上のものを選びましょう!

 

では一体どんなマットレスがいいのでしょうか?

こんなマットレスがおすすめ!選ご紹介

我が家も使用しているkakuriのマットレス。

こちらは厚さが7㎝あるので、かなり快適に寝られます。

 

車中泊やテント泊でもしようできますし、シングルとダブルも選べるのでファミリーでの車中泊でも活躍してくれますよ!

やり方もかなり簡単です。

口コミもいいですし、実際に3年くらい使用していますが問題なく使えています!

>>参考:kakuriのインフレーターマットの使用方法はこちら

 

厚さ重視!エムール ごろ寝マット 長座布団 Lサイズ

 

こちらのマットレスもかなり口コミが多く人気となっています。

約11cmの極厚仕様となっていて高密度ウレタンを採用することで、耐久力 に優れているのが特徴です。

 

側生地を取り外して洗濯機で洗え便利な取っ手も付いているので、らくらく運べます!

 

どんな会社?

エムールとは?

2006年創立した 「眠りで世界の人を元気にする」というビジョンで 物販における商品開発やサービス開発から、睡眠関連サービスまで提供している。国内だけではなく、欧米にも広がり世界に向けても広がりを見せている注目されている会社。

車中泊で使っています。厚さがありしたのでこぼこも何のその!
ここ最近の買い物で一番いい買い物をしました❗ 出典:Amazonレビュー

幅の狭い硬めのマットを探していて見つけました。
寝てる分にはあまり沈まずに快適です! 出典:Amazonレビュー

WAQのインフレーターマット

大人気のWAQのインフレーターマット。

テント泊はもちろんですが、車中泊でも大活躍します。

 

厚み8㎝のインフレーターマットと厚み10㎝のキャンプマットがあります。

 

アフターサポートや1年保証付きなので、購入後も安心して使用できますよ。

 

コンパクトに収納できることや、弾力性に優れたひし形ウレタンフォームを採用するなどこだわって作られています。

口コミもかなりいいですよ!

とても使い勝手の良いマットでした。 自動では膨らんでくれますが、最後は息を吹き込んだ方がより膨らんで、寝やすいです。 出典:公式サイト

車中泊で2列目、3列目を倒して使いましたが、段差に何も置かなくても、十分寝ることができました。出典:公式サイト

間違いなく1番の寝心地です。朝起きても腰の傷みもなく、普通のマットレスのような感覚です。出典:公式サイト

\LINEお友達クーポンで500円OFF/

WAQ インフレータブル式マット 8cm

 

>>参考:WAQのインフレーターマットの使い方や高評価のワケとは

 

FIELDOOR 車中泊マット 厚さ10cm

こちらも、大人気のFIELDOORのインフレーターマット。

厚さも10㎝で、かなり快適に寝られると好評です!

 

2つ並べて連結させることも可能で、収納時は薄くコンパクトになるのが特徴です!

 

後部座席を倒しても完全にはフラットにならない車を使ってますが,本品を敷くと全く凸凹が気になりませんでした. 出典:Amazonレビュー

車中泊用に倒したシートの上に敷いて使用。自動膨張も問題なし。10cmの厚みのおかげでクッションをかまして気になる段差はほぼ解消した。出典:Amazonレビュー

 

ご自身に合ったもので快適な車中泊を楽しみましょう!

繰り返しますが、車中泊は家と違ってそのまま寝られるとかなり腰や身体に負担がかかります。

快適な睡眠をとることは、元気に活動できることへつながってきます。

 

マットレスをしっかり使用することで快適にそして、楽しい車中泊になりますよ!

 

災害が懸念されている今だからこそ車中泊も注目されています。

マットレスがあれば車中泊だけではなく、テント泊も楽しめますのでご自身に合ったマットレスを選んでみてくださいね!

 

車中泊のマットレスの厚さってどれくらい必要?まとめ

身体への負担を軽減するために、マットレスは必要不可欠ですね。

車中泊のマットレスの厚さは、最低でも5㎝くらいは欲しいです。

 

出来れば7㎝以上のものを選ぶことをおすすめします!

 

快適な車中泊を楽しみましょう!

インフレーターマットの寿命はどれくらい?理由や選び方のポイント

キャンプに欠かせないインフレーターマット。これがあるだけで底冷え対策や腰の負担の軽減になるので使用している方も多いです。 これからインフレーターマットを買おうと思っているけど寿命ってどれくらいなのだろ ...

続きを見る

 

-インフレーターマット, 車中泊
-, ,

error: Content is protected !!

© 2022 れっかCAMP Powered by AFFINGER5