おすすめ商品

BLUETTIとjackeryを比較!どこが違うの?便利な点や使った感想をわかりやすく解説

ポータブル電源のBLUETTIとjackeryどちらがいいのか知りたいよ!

 

災害やアウトドアに大活躍のポータブル電源。

特に、停電時ではかなり役立ったという声も多いです。

 

わが家が実際に使ってみて感じた「BLUETTI」と「jackery」を比較を詳しくお伝えします。

 

今では様々なメーカーからポータブル電源が販売されているので、どれを選んだらいいのか正直迷うところですよね。

 

あっちの方がよかった!という後悔にならないためにもぜひチェックしてみてくださいね。

 

「BLUETTI」と「jackery」を比較することで便利な点や違いが明確になりますよ!

 

安全性の高い話題のBLUETTI/


【BLUETTI JAPAN】 公式サイトはこちら

BLUETTIとjackeryを比較!どこが違うの?発祥地は?

BLUETTIとjackeryを比較!どこが違うの?発祥地は?

 

中国発祥のBLUETTIとアメリカ発祥のJackery。

 

当然ながら会社が全然違います。

 

BLUETTI

  • 2009年に深圳でスタートしたパワーオークグループ
  • 元々電池を製造していた経験から、電池セルの特性分類を得意としパワーオークは自社ブランドとなるBluettiを立ち上げた
  • 日本法人は、2019年に設立し『パワーオーク社』と呼ばれ、神奈川県相模原市に本社がある

 

jackery

  • 2012年アメリカ・カリフォルニアで「グリーンエネルギーをあらゆる⼈に、あらゆる場所で提供する」という、壮⼤なビジョンのもと誕生
  • 2016年には、世界初となるアウドトア⽤ポータブル電源を発売
  • 2018年には世界初のポータブルソーラーパネルを開発した

 

jackeryはポータブル電源の先駆けなのね!

 

でも実はJackeryの創業者も中国の方ですよ

 

 Jackeryは、日本大手メーカーの販売代理店で営業職を経験し、モバイルバッテリーに携わってきた孫 中偉氏が、2012年に創業。2014年にポータブル電源の開発を本格的にスタートしたベンチャー企業だ

 

Jackeryは、中国の深センに自社工場を持っており、製品開発も自社で行なっています。そこが強みとも言えますね!

 

やはり、中国は電子産業が盛んなだけあって優れている方が多いんだね!

 

そして本題のBLUETTIとjackeryの大きな違いとしてつぎの4点が挙げられます。

 

BLUETTIとjackeryの違い

  • リチウムイオン電池(三元系とリン酸鉄)の違い
  • ポータブル電源放電サイクル数の違い
  • 軽さや持ち運びやすさの違い
  • 見やすさ・ボタンの押しやすさの違い

 

一つずつ詳しく見ていきましょう!

リチウムイオン電池(三元系とリン酸鉄)の違い

リチウムイオン電池(三元系とリン酸鉄)の違い

現在、多くのポータブル電源の電池「三元系」と呼ばれるリチウムイオンが多いのですが、BLUETTIは「リン酸鉄系」と呼ばれるリチウムイオンです。

 

安全性がより高く作られており、近年多発しているポータブル電源の不慮の事故の原因となっている「異常発熱による発火」ですが、リン酸鉄系は発火、ガスが非常に起こりにくいと言われています。

 

ポータブル電源の火災には要注意ですよ。

関連記事:ポータブル電源を買ってはいけない理由とは後悔しないために【これだけは気を付けて】

ポータブル電源を買ってはいけない理由とは後悔しないために【これだけは気を付けて】

続きを見る

 

リン酸鉄系が発火、ガスが非常に起こりにくい理由はこちらです。

 

コバルト酸リチウムや三元系材料は220℃以上で熱分解を起こし危険性が高いとされていましたが、リン酸鉄リチウムはリン(P)と酸素(O)の結合が強く安定しているため600℃まで熱分解が起こらないことが確認されています

 

このことから、リン酸鉄リチウムイオンの特徴はこちらです。

 

リン酸鉄リチウムの特徴

  • 発火や熱暴走が起きにくい
  • 衝撃に強い(発火する可能性が極めて低い)

 

では、Jackeryの方が安全性が低いってこと?

 

Jackeryの場合は一般社団法人防災安全協会の定める防災製品等推奨品認証を取得し、PSEマーク「UN38.3」(国連特別輸送試験)の認証も取得されているのでかなり安全性に配慮して作られています。

 

また、現在Jackeryも三元系からリン酸鉄系に移行しているものも多いですよ!

関連記事:ジャクリからリン酸鉄採用のポータブル電源が登場!驚きの長寿命や性能とは

 

ポータブル電源放電サイクル数の違い

BLUETTIとJackeryの比較②ポータブル電源放電サイクル数の違い

 

BLUETTIとJackeryでは、サイクル数も大きく異なってきます。

 

放電サイクル数とは?

充電と放電を1セットとして、何回充放電を繰り返すことができるかという回数を表し、ポータブル電源の寿命の目安となります。

 

放電サイクル数は、『Jackery 708w』が約500回に対し『BLUTTEI EB70S』が約2500回です。

 

例えば1週間に2回使えば、Jackeryは約5年もちますが、BLUETTIは1週間に5回使用しても約9年は持ちます。

 

一般的に、ポータブル電源の寿命は6年~11年といわれているので、10年以上持たせたい方やこまめに使う方はサイクル数が多い方がいいかもしれません。

 

保管状況や使用状況によって変わってきますが、BLUETTIはエコフローと同様今あるポータブル電源の中でも最大のサイクル数といえます。

 

こうしたことから、BLUETTIもかなり注目が浴びています!

関連記事:BLUETTI『EB70S』のレビューをご紹介!安全性に優れているそのワケとは

BLUETTI『EB70S』のレビューをご紹介!読み方や安全性に優れているそのワケとは

続きを見る

 

BLUETTIとjackery軽いのはどっち?持ち運びやすさの違い

BLUETTIとjackeryの比較③軽いのはどっち?持ち運びやすさの違い

 

BLUETTIとjackeryを比較したもう一つ大きな違いは、「大きさと重さ」です。

 

重さと大きさの違いは結構感じました。

 

Jackeryの方が一回り小さく、軽いのが特徴です。

 

持ち運びを重視される方はJackeryの方が便利かもしれません。

 

リン酸鉄リチウムイオンの性質上、安全性は高いもののエネルギー密度が低いのでどうしても大きさや重さは重くなってしまう

 

とはいえ、車での移動や車中泊の場合はそんなに気にすることでもないかもしれません。

ちなみに、3㎏くらいの違いがありました。

 

 

【Jackery 708W】

出典:jackery

容量708Wh
定格出力500W
重量6.8㎏
サイズ(横×奥行×高さ)299.7*191.5*190.5mm
動作温度-10℃~40℃
保管温度‐10~40℃(炎天下の車内で保管しないでください)
充電コンセント約5時間、シガーソケット約13時間

 

【BLUETTI EB70S】

出典:BLUETTI JAPAN

容量716Wh
定格出力800W
重量9.7㎏
サイズ(横×奥行×高さ)320*217*222mm
動作温度-20℃~40℃
保管温度0℃-40℃
充電コンセント約4時間くらい(自身で測った記録)

 

私はバイクでキャンプに行くときは軽さ重視なので、Jackeryを持って行っています。

 

充電できる種類や数も違うんだね!

 

USB-C,USB-AやAC出力の数の違いもありますよ。

 

ワット数に限りがあるので一度に使用できるものは限られますが、携帯電話を一度に2個充電したい場合などはたくさんあった方が便利かもしれませんね。

見やすさ・ボタンの押しやすさの違い

BLUETTIとjackeryの比較④見やすさ・ボタンの押しやすさの違い

 

液晶画面に入出力電力やバッテリー残量が表示されますが、見やすいのは『BLUETTI』だと感じました。

 

しかし、ボタンが押しにくいのが残念なところ。

BLUETTIはボタンが見にくいので押しずらさは感じています。

 

ただ、ライトがついていたりワイヤレス充電対応だったりするので便利な機能がついているのもポイントです。

 

ワイヤレス充電はかなり便利ですよ!

 

関連記事:ポータブル電源のワイヤレス充電はおすすめ!BLUTTIなど対応機種をご紹介

ポータブル電源ワイヤレスおすすめ!
ポータブル電源のワイヤレス充電はおすすめ!BLUTTIなど対応機種をご紹介

続きを見る

 

BLUETTIとjackery信頼性が高いのはどっち?

BLUETTIとjackery信頼性が高いのはどっち?

 

ここまで聞いていたらなんかBLUETTIの方がメリットが多い気がするんだけど。。。

 

安全性、サイクル数、機能性でいうとBLUETTIの方がメリットが多い気がしますが、重さや大きさを重視したい方にはJackeryの方がいいかもしれません。

 

また、やはり圧倒的な信頼性がJackeryにはあります。

 

世界各国で販売され、10年間で世界累計販売台数が200万台以上突破という記録は、Jackeryだからこそだと思います。

満足度が高い証ですね!

 

また、種類が多いのもJackeryの特徴です!

選べる範囲が広がるのは嬉しいね

 

また、しっかりとした保管方法をすれば寿命を延ばすことも可能です。

関連参考:ジャクリの寿命の伸ばすコツについてはこちら

 

どちらも便利なので、状況に応じて活用していきます!

 

圧倒的な信頼感があるJackeryと、今後さらに注目されていくであろうBLUTTI。

 

それぞれの特徴やご自身で重要なポイントを見つけながらアウトドアや災害時に活かしていきたいですね!

 

\BLUETTIやJackeryなどのセール情報はこちら!/

詳しくはコチラ


BLUETTIとjackeryを比較!どこが違うの?まとめ

今最も注目されているポータブル電源、BLUTTIとJackery。

最大の違いはBLUETTIは「リン酸鉄系」と呼ばれるリチウムイオンでありJackeryは「三元系」と呼ばれるリチウムイオンです。

 

また、サイクル数の違いもありますが、BLUETTIはサイクル数が多いが大きめで重たいという特徴があります。

 

ご自身の重視するポイントを見つけながら、最適なものを選んでいきましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

れっか

キャンプ歴4年目のれっかです。おすすめのキャンプ用品やレビュー、災害時にも役立つポータブル電源の詳しい情報も発信しています! ファミキャンも好きですが、バイクで行くソロキャンで独り時間も楽しんでいます♪

-おすすめ商品
-,

© 2024 れっかCAMP Powered by AFFINGER5