キャンプ

ソロキャンプにポータブル電源は必要?必須容量や厳選おすすめ5選ご紹介!

ソロキャンプにポータブル電源は必要?必須容量や厳選おすすめ5選ご紹介!

近年注目されているポータブル電源。

 

キャンプも、快適空間が実現できるスタイルへと進化しているため、ファミリーキャンプに行かれる方や車中泊でポータブル電源をよく見かけますが、ソロキャンプでもポータブル電源は必要なのでしょうか?

 

結論、あった方が快適に楽しめます。

 

その理由をキャンプ歴4年の筆者が、実際に使用して感じたことや便利だなと思った点をお伝えします。

 

ソロキャンプでポータブル電源を使うメリットやデメリットもあるので最後までチェックしてみてくださいね。

 

ちなみにソロキャンプおすすめのポータブル電源はこちらです。

 

選ぶときの注意点もあるので、ソロキャンプを楽しみたい方季節問わず今よりももっとキャンプを楽しみたい方は参考にしてみてくださいね。

 

ポータブル電源とは

ポータブル電源とは

ポータブル電源とはそもそも何なのでしょうか?

 

ポータブル電源とは

スマホはもちろん、ノートパソコンや扇風機、ケトルなど家庭製品への給電や充電ができる便利な持ち運び可能なバッテリーのこと。

 

ポータブル電源は、ご家庭で使用している家電製品を外でも使用することができる優れものですね。

 

これを使用すれば、キャンプでも様々な家電製品を使用することが可能となります。

 

しかし、モバイルバッテリーと何が違うのでしょうか?

 

モバイルバッテリーとの違い

モバイルバッテリーとの違い

モバイルバッテリーとポータブル電源の違いは明確にあります。

 

それは、充電できる容量の違いです。

 

モバイルバッテリーは、『mAh(ミリアンペアワー)』であり、1mAの電流を1時間流すことができる容量で表します。

 

10000mAhから30000mAh程度の容量が最大です。

 

iPhone12のスマホの容量が3000mAh前後であることから、スマホを数回充電するだけでしたら、モバイルバッテリーでも活用できます。

 

一方ポータブル電源は、『Wh(ワットアワー)』で表し、何ワット(W)のものが、何時間(h)使えるかに注目している単位で表します。

 

例えば、1000Wのポータブル電源で、100Wの家電製品を使用する場合10時間使用できることになります。

 

このように、スマホやゲーム機などの充電のみでしたらモバイルバッテリーでも活用できますが、家電製品を使用したい場合はポータブル電源を活用しましょう。

 

ソロキャンプでポータブル電源を使用するメリット

ソロキャンプでポータブル電源を使用するメリット

では、ソロキャンプでポータブル電源を使用するメリットは何なのでしょうか?

 

これは実際にキャンプ歴4年の私も現地でポータブル電源を活用し、便利だと思ったことをお伝えします。

 

季節問わずキャンプを楽しむことができる

 

どうせキャンプに行くなら、過ごしやすい時期に行きたいと思われる方も多いですよね。

 

しかし、最適な時期は短いもので、春先でも日中はかなり暑く感じますし、秋でも昼夜の温度差が激しく寒くて夜が寝付きにくいということもあります。

 

暑さは自然の風だけでは、どうにもならないこともあります。

 

また、防寒対策もきちんとしないと思ったより寒くて楽しめなかったということもあります。

 

そこで、夏は扇風機、冬は電気毛布を使用すればかなり快適に楽しく過ごせるようになりますよ!

 

家庭用扇風機でなくても、ソロキャンプでしたら充電式もおすすめです。

 

モバイルバッテリーよりも長く給電できるので、安心して使用できますよ!

 

また、寒い時期のキャンプは電気毛布を使用することで、快適に眠れます。

 

私は寒い時期のキャンプの雰囲気や夜空が好きです。

 

季節に応じた快適グッズ+ポータブル電源を持って行けば、最後まで楽しく過ごすことができますよ!

 

携帯やパソコン、カメラなどバッテリーを気にせず使える

 

現地で携帯やパソコン、カメラなどを使用していて気づいたらバッテリーがなくなってしまったということにも対応できるのがポータブル電源です。

 

私は以前、モバイルバッテリーを持って行きましたが、iPhone用のケーブルを忘れてしまい、充電ができずに困ってしまった経験があります。

 

そんな時におすすめなのが「ワイヤレス対応」のポータブル電源です。

 

特にこちらのBLUETTIのポータブル電源は、様々なデバイスにも対応し、安全性も高いのでおすすめです。

 

まだまだ数少ないワイヤレス対応なのでケーブルを持って行かなくてもいいのがメリットですよ!

関連記事:BLUETTI『EB70S』のレビューをご紹介!読み方や安全性に優れているそのワケとは

BLUETTI『EB70S』のレビューをご紹介!読み方や安全性に優れているそのワケとは

続きを見る

 

普段使いもできる

 

ポータブル電源は、キャンプだけに活躍するわけではありません。

 

実は普段使いもできる優れものです。

 

例えば、家で家電製品を使用したい場合に近くにコンセントが無い場合もあります。

 

そういった時にポータブル電源を使用すれば、家じゅうのどこでも家電製品を使用することができます!

 

また、車内の掃除庭の手入れなど、外で電化製品を使いたい場合にも活躍します。

 

キャンプだけではなく、他の使い方もあるので、日常生活にも便利に活躍しますよ!

 

防災にも使える

 

地震や大雨、台風などにより停電が発生する場合があります。

 

すぐに復帰できればいいものの、何日間も復旧しない場合、電気のない生活を過ごすことになります。

 

携帯電話の充電がなくなり連絡手段がとれなくなることはもちろん、照明がない生活はかなり精神的に不安になります。

 

また、夏場は特に熱中症に注意です。ポータブル電源があればそういった危機から身を守ることができますよ。

 

 

ソロキャンプでポータブル電源を使用するデメリット

ソロキャンプでポータブル電源を使用するデメリット

ソロキャンプでポータブル電源があった方が便利ですが、デメリットもあげられます。

 

これらのデメリットが負担にならないように、しっかりと理解しておきましょう!

 

重さや場所をとられる

 

ポータブル電源は容量も大きいため、持ち運ぶ際や置き場所をとられます。

 

特に徒歩でキャンプに行かれる方には不向きですね。

 

また、容量によって異なりますがある程度の重さはあります。

 

普通に重たいと感じるくらいはあるので、持ち運びに不便さを感じる方は、容量の小さいものを選びましょう。

 

容量をとるか、少しでも軽さを求めるかは判断基準の一つですね!

 

ただ、ツーリングキャンプに持って行くことは可能ですよ!

 

寿命がある

 

ポータブル電源は購入すれば永年使用できるわけではありません。

 

寿命もあります。

 

これは、サイクル数といって蓄電池が空の状態(0%)からフル充電(100%)を行い、空になるまで(0%)使用すると1サイクルとなり、製品によってサイクル数が決められており、これがポータブル電源の寿命となります。

 

製品のサイクル数が多いものの方が寿命が長く、使用頻度によって変わってきます。

 

より、長く使用したい方はサイクル数の多いものを選ぶようにしましょう!

 

正しく使用しないと発火の恐れもある

 

ポータブル電源を使用する際に、理解していただきたいのが「発火のおそれ」もあるということです。

 

実際にここ最近では年に20~30件火災が発生しています。

 

ポータブル電源はリチウムイオン電池を使用しており、異常発熱、発火が原因で火災が発生しています。

 

関連記事:ポータブル電源を買ってはいけない理由とは後悔しないために【これだけは気を付けて】

 

しかし、リン酸鉄リチウムイオンバッテリーのポータブル電源を選ぶことや安全性の高いメーカーのものを選ぶことで、発火の恐れが極めて低くなりますよ。

ポータブル電源を選ぶときの注意点

ポータブル電源を選ぶときの注意点

では、ポータブル電源を選ぶときの注意点もご紹介します。

 

先ほど安全性についてお伝えしましたが、一番気にしなくてはいけない注意点となりますよ。

 

リン酸鉄リチウムイオンを選ぶ

 

ポータブル電源に使用されているリチウムイオン電池はいくつか種類があります。

 

今までは『三元系』と呼ばれるものを主に使用されていましたが、近年安全性や性能の進化により『リン酸鉄系』と呼ばれるものが採用されるようになってきました。

 

三元系は、万が一熱暴走が起こってしまった際に発煙・発火・有毒ガスが発生してしまいますが、リン酸鉄系は、発煙だけで発火になる可能性が極めて低いのが特徴です。

 

リチウムイオン電池(三元系とリン酸鉄)の違い

 

リン酸鉄系はエネルギー密度が小さいことが問題でしたが、近年の開発の進化で改善され、安全性の面からもリン酸鉄リチウム電池を採用される製品が増えてきています。

 

三元系のものでも、安全なものは多くありますが、今から購入を検討される方は、『リン酸鉄リチウム』を使用しているポータブル電源を選ぶことをおすすめします。

 

おすすめの製品は下記のとおりです!

 

アフターケアやサポートがあるか

 

リン酸鉄リチウムイオン電池を選ぶことも大事ですが、メーカーや製品によっては安全性に衰えているものも存在します。

 

そこで、重要なポイントとしてアフターケアやサポートがあるかは必ずチェックしてみてくださいね。

 

中には購入後不具合があったのにも関わらず、対応してもらえなかったという事例もあります。

 

精密機器なので、不具合がある可能性も考えてしっかりと連絡がとれるような窓口があるかチェックしてくださいね!

 

中古で購入するとサポートも受けられないので、メーカーから購入することを強くお勧めします

 

信頼のできるメーカーはこちらです。

 

ソロキャンプではポータブル電源の容量はどれくらい必要?

では、ソロキャンプではポータブル電源はどれくらいの容量が必要なのでしょうか?

 

それは、使用する家電製品のワット数によります。

 

例えば、冬のキャンプに行きたい場合、電気毛布を使用すれば快適に寝ることができます。

 

大体の電気毛布が50W前後(強弱にもよる)なので、8時間使用するためには『50W×8時間=400Wh』は必要になります。

 

ただ、ポータブル電源は電力ロスが発生するので、必要な容量+1~2割増して考えましょう!

 

ソロキャンプのポータブル電源厳選おすすめ5選ご紹介

ソロキャンプのポータブル電源厳選おすすめ5選ご紹介

おすすめのメーカーの中から、ソロキャンプにおすすめのポータブル電源、厳選5選ご紹介します。

 

ご自身で持ち運びが可能な大きさのもの使用する家電製品のワット数に余裕を持った容量のものを選びましょう!

 

RIVER 2 Max|リバー2 マックス

RIVER 2 Max|リバー2 マックス

 

EcoFlowのRIVERシリーズがおすすめです。

 

特に、こちらのリバー2マックスは、容量が512Wh でありながらも、重さが6.1㎏とかなり軽量化されています。

 

RIVER 2 Proは、最大800WのAC出力ポートを備えていますが、X-Boostモードをオンにすれば1000Wまで可能となるのであらゆる家電製品が使えるようになります!

 

リバー2マックスの容量

30Wの扇風機⇒約13時間

50Wの電気毛布⇒約8時間

 

繰り返しですが、ポータブル電源は、電力ロスが発生するので、ポータブル電源容量の8~9割くらいを目安として考えておきましょう。

 

また、60分で満充電となりリン酸リチウムイオン電池を使用しているので、バッテリー寿命約3,000回で10年以上持つので長く愛用したい方にもおすすめです!

 

TÜV Rheinland(テュフ・ラインランド)からポータブル電源業界では初となる安全認証を取得しているので、安全性も抜群です!

 

エコフローはスマホで遠隔操作もできるので、ポータブル電源の状況がいつでも確認できますよ!

 

おすすめ

  • 充電時間を短縮させたい方
  • なるべく荷物を軽くしたい方
  • 長寿命のポータブル電源をお探しの方
  • 安全性の高いものをお探しの方

 

コンパクトさをお求めの方必見!/

長寿命で長く使える‼

 

RIVER 2 Pro|リバー2 プロ

RIVER 2 Pro|リバー2 プロ

こちらもEcoFlowのリバーシリーズです。

 

リバー2マックスよりも容量が大きい768Wh (40Ah 19.2V )なので、より様々な家電製品を使用したい方におすすめです。

 

容量が768Whでありながらもわずか70分で満充電 され、重さも7.8㎏と少し重めですが持ち運びできる範囲ですね。

 

リバー2プロも最大800WのAC出力ポートですが、X-Boostモードをオンにすれば、1000Wまで可能となり、様々な家電製品が使えるようになります。

 

リバー2プロの容量

30Wの扇風機⇒約20時間

50Wの電気毛布⇒約12時間

 

こちらも、ポータブル電源業界では初となる安全認証を取得しており、リン酸リチウムイオン電池を使用しているのでサイクル数も3000回と長寿命ですよ!

 

おすすめ

  • 容量重視の方におすすめ
  • 様々な家電製品を使いたい方
  • 充電速度をなるべく短くしたい方
  • 長寿命なものをお探しの方

 

容量をお求めの方におすすめ/

防災時にも役立てる!RIVER2Pro

 

BLUETTI EB3A超小型ポータブル電源

Amazon.co.jp: BLUETTI EB3A ポータブル電源 268Wh/600W 高速充電 1時間フル充電 APP遠隔操作 簡易UPS機能付き 電力リフト機能付 エコモード機能搭載 リン酸鉄リチウム 小型軽量 純正弦波 MPPT制御方式採用 家庭アウトドア両用バックアップバッテリー キャンプ/車中泊 ...

 

BLUETTI史上最小最軽量モデルとなっており、AC出力268Wh、600W(瞬間最大出力1200W)です。

 

わずか1時間強でフル充電が実現し、リン酸鉄リチウムイオン電池使用で充放電サイクル2500回後も残存量は80%以上を維持する長寿命で優れものです。

 

重さは4.6㎏とかなり軽量となっているので、コンパクトさ重視の方におすすめです!

 

EB3Aの大きな特長として、「電力リフト機能」があります。

最大1200Wまで対応できるので、使用数家電製品の出力を下げることができ、1,200Wのドライヤーの出力を600Wまで下げてることで使用することができます。

 

パワーは劣りますが、様々な家電製品を使うことができますね!

 

BLUETTI EB3Aの容量

30Wの扇風機⇒約7時間

50Wの電気毛布⇒約4時間

 

また、BLUETTIのポータブル電源もスマホで遠隔操作ができるので、いつでも状況を確認できるのがポイントです。

 

さらに、注目していただきたいのがワイヤレス対応だということです。

 

携帯電話のコードを持って行かなくても、置くだけで充電できるのはかなり便利ですよ!

 

私は、次にご紹介するBLUETTIのBLUETTI EB70S小型ポータブル電源を使用していますが、ワイヤレスの便利さを感じています。

 

おすすめ

  • 容量よりもコンパクトさ重視の方におすすめ
  • 安全性の高いものをお探しの方
  • ワイヤレス対応をご希望の方
  • 長寿命なものをお探しの方

 

 

\超小型で持ち運びに便利!/

ツーリングキャンプにもおすすめ!ソロキャンパーさん一押し

 

BLUETTI EB70S小型ポータブル電源

BLUETTI EB70S小型ポータブル電源 | 防災推奨・キャンプコンパクトでもパワフルな800W、716Whの容量のBLUETTI EB70S。

 

BLUETTI EB3Aの容量では物足りない方は、BLUETTI EB70Sがおすすめです。

 

BLUETTI EB70Sも、リン酸リチウム電池を採用し、充放電サイクル2500回後も残存量は80%以上を維持する優れものです。

 

特有のエコモードを搭載しており、不要な電力消費を抑えて、とても省エネルギーですよ。

 

また、以前疑問に感じたことをサポートセンターに問い合わせたら、すぐに返答が返ってきました。

サポートも充実しているので、安心して使用できます。

 

BLUETTI EB70Sの容量

30Wの扇風機⇒約19時間

50Wの電気毛布⇒約11時間

 

BLUETTI EB70Sは私も愛用しているので、レビューをご紹介します。気になる方は確認してみてくださいね!

関連記事:BLUETTI『EB70S』のレビューをご紹介!読み方や安全性に優れているそのワケとは

 

おすすめ

  • 容量をお求めの方におすすめ
  • ワイヤレス対応をご希望の方
  • レビュー高評価のものをお探しの方
  • 長寿命なものをお探しの方

 

\ソロキャンパーさんなら十分な容量で安心

今なら21%OFFで購入できるチャンス!

 

PowerArQ S7 ポータブル電源 716Wh

PowerArQ S7 ポータブル電源 オリーブドラブ 716Wh AC 700W(1400W) 出力 リン酸鉄

 

洗練されたデザインと機能性が人気のPowerArQ。

 

中でも、PowerArQ S7はリン酸鉄リチウムイオン電池使用で、充電回数3000回とかなり長寿命であり、電気用品安全法(PES)も合格しているので安全性も高いのが特徴です。

 

背面にLEDライトが掲載されており、500ルーメンとかなり明るいです。

 

防災対策にもなるのが特徴で、ワイヤレス対応、持ち運びやすいコンパクト設計となっているので女性にもおすすめですよ!

 

日本のメーカーであり、サポートも充実しているので安心ですね!

 

 

BLUETTI EB70Sの容量

30Wの扇風機⇒約19時間

50Wの電気毛布⇒約11時間

 

おすすめ

  • 容量をお求めの方におすすめ
  • ワイヤレス対応をご希望の方
  • デザイン性にこだわりたい方
  • 日本メーカーにこだわる方

 

オシャレにもこだわりたい方におすすめ/

サポートの良さも人気の理由

 

まとめ

 

ソロキャンプにポータブル電源はなくてもできますが、合った方がキャンプの幅が広がり大変便利です。

 

ソロキャンプで使うメリット

  • 季節問わずキャンプを楽しむことができる
  • 携帯やパソコン、カメラなどバッテリーを気にせず使える
  • 普段使いもできる
  • 防災にも使える

 

重さや寿命もありますが、防災の備えや普段使いもできるので一石二鳥ですね!

 

季節問わずキャンプが楽しめたり、車中泊にも使用できるポータブル電源。

 

正しく選んで安全に楽しく、アウトドアを楽しみましょう!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

れっか

キャンプ歴4年目のれっかです。おすすめのキャンプ用品やレビュー、災害時にも役立つポータブル電源の詳しい情報も発信しています! ファミキャンも好きですが、バイクで行くソロキャンで独り時間も楽しんでいます♪

-キャンプ
-,

© 2024 れっかCAMP Powered by AFFINGER5