ポータブル電源・充電

ポータブル電源と発電機の違いは?メリットデメリットをわかりやすく解説

スポンサーリンク

近年、大型の台風や大雨などにより停電が起こり電気が使えないことが多々あります。

 

そこで、予め電気を蓄えておけるポータブル電源や発電機が注目されています。

 

いざという時の為に、食料や飲料以外に電気は必要不可欠なので各家庭での備えがとても重要ですよね。

 

ポータブル電源と発電機の違いって何?どちらを備えておけばいいの?

 

このような疑問にお答えします。

 

仕組みなどが違うので要チェックですよ!

 

停電時や災害時に役立つポータブル電源と発電機の違いについて詳しく見てみましょう!

  \大注目のエコフローSALE開催中/

EcoFlowブラックフライデーセール2022

ポータブル電源と発電機の違いは?

徹底比較】発電機VSポータブル電源 – Jackery Japan

出典:Jackery

災害が多い日本。

日常生活になくてはならない「電気」は、防災対策においてもかなり注目されています。

 

そこで、一般家庭で準備ができるのが『ポータブル電源』や『発電機』ですがどう違うのでしょうか?

 

大きな違いをまずはご紹介します。

ポータブル電気の特徴

・モバイルバッテリーをさらに大容量化したようなもの

・本体に内蔵されているバッテリーに予め電気を蓄えておき、電源コンセントがない場所で家電製品などが使えるのが特徴

・USBポートだけではなく、ACコンセントも備わっているので差すだけで家電製品が使えるのがメリット

ポータブル電源があれば、どこでも家電製品が使えるという便利さから災害時だけではなく、キャンプや車中泊で使用される方も増えています。

ポータブル電源は災害時に必要か?重要な役割と注意事項

地震大国日本。必ず来るであろうとも言われている、南海トラフ巨大地震や首都直下型地震、富士山噴火など災害はいつ起こるかわかりません。   また、台風などにより長期にわたって停電することも多々あ ...

続きを見る

 

一方で発電機はというと、

発電機の特徴

・燃料を燃やして発電できる機械のこと

・祭りの屋台や建築作業で使われることが多く、燃料はガソリンが主流

・事前に充電をしなくても燃料さえあれば長時間使い続けられ、消費電力が高い家電も使えることがメリット

カセットボンベを使用する製品もあり、大きいので持ち運びにくいのですが災害用のためならかなり万能ですね。

 

大まかな特徴を捉えたところでそれぞれをさらに深掘りしていきます!!

 

ポータブル電源のメリットデメリット

まずはポータブル電源のメリットとデメリットをお伝えします。

 

ココがポイント

・持ち運びやすいので避難所にもっていきやすい(キャンプや車中泊など移動する際にも便利)

大きさ(容量)が選べる

・ソーラーパネル付きのものなら、太陽光のある場所ならどこでも電気が作れる

半年に一回くらい残量を確認して補充するだけでOK(メンテナンスが楽

 

ココに注意

✓安いものではない(ちゃんとしたメーカーや取り扱いに注意しないと火災などの危険性もある)

蓄電した分しか使えない

✓リチウムイオン電池を使用しているので暑さや寒さに弱く温度には要注意

 

持ち運びに便利だということが最大のメリットですね!

取扱いやすさや室内でも利用できることからも、ポータブル電源はかなり注目されていますね。

 

大きさも選べるので、ツーリングキャンプにも持って行けます。

 

ただ、温度には注意が必要です。製品によって使用可能温度は変わりますが25℃前後が好ましいです。

直射日光が当たる場所や真夏の車内での使用や保管はやめましょう!

 

-10℃以下の低気温な場所での使用も、性能を下げてしまうので注意が必要です。

 

とはいえ、ソーラーパネル付きのものを選べば、太陽光を利用して充電できるので災害時にも安心ですね!

アウトドアや防災に活躍!大容量でコンセント使用可能なJackeryポータブル電源【Jackery】

ジャクリの寿命はどれくらい?伸ばすコツや使わない期間のポイント

今かなり注目されているポータブル電源。 ジャクリの寿命ってどれくらいなのかな? 今回はポータブル電源でも特に人気のあるJackery(ジャクリ)の寿命についてご紹介します。   最近では、キ ...

続きを見る

発電機のメリットデメリット

インバーター発電機のおすすめ12選!便利な使い方や選び方は? | CAMP HACK[キャンプハック]

出典:Amazon

次に発電機のメリットとデメリットをご紹介します。

発電機も個人でも使用しやすいようにコンパクトなものもありますよ!

 

ココがポイント

発電量の大きいものが多い

・事前に蓄電する必要もないので便利

使える電化製品の種類が多く、複数同時に使える

 

ココに注意

ガソリンを購入しなければいいけない

・排気ガスが出るので室内では利用できない

音がうるさい

・燃料の保存期間が短すぎる(半年以内にはガソリンを交換するのが望ましい)

・ガソリンの取り扱いには十分注意しなければならない

 

発電機の方が、使用できる家電製品や容量は大きいものの、取り扱いやメンテナンス(オイル交換やプラグ交換)などをする手間もあることからポータブル電源を利用される方が多いですね。

 

団体や大人数での利用や大容量の電気を使える点は発電機の方が性能を発揮されそうですね!

ポータブル電源と発電機の違いは?まとめ

【ポータブル電源の特徴】

✅モバイルバッテリーをさらに大容量化したようなもの。

✅本体に内蔵されているバッテリーに予め電気を蓄えておき、電源コンセントがない場所で家電製品などが使える

✅USBポートだけではなく、ACコンセントも備わっているので差すだけで家電製品が使える

 

 

【発電機の特徴』

燃料を燃やして発電できる機械のこと。

✅祭りの屋台や建築作業で使われることが多く、燃料はガソリンが主流

✅事前に充電をしなくても燃料さえあれば長時間使い続けられ、消費電力が高い家電も使える

 

それぞれの特徴やメリットデメリットを掴み、ご自身に合った防災対策をしましょう
ポータブル電源のレンタル安いところはどこ?お手頃価格で借りれるメーカー別4選

キャンプや車中泊、災害時や停電時に役立つポータブル電源。 様々なメーカーから出ていてかなり注目されていますよね。   使ってみたいけど、高いしお試しってないのかな?   そんなとき ...

続きを見る

-ポータブル電源・充電
-, ,

error: Content is protected !!

© 2022 れっかCAMP Powered by AFFINGER5