キャンプ飯

キャンプでご飯を炊く簡単な方法とは?失敗しない初心者さんも必見!

キャンプで食べる白い炊きたてのご飯って格別に美味しいですよね。

 

でも、ご家庭の炊飯器と違ってしっかりとしたやり方をしないと失敗してしまうこともあります。

 

キャンプでご飯を炊くときに簡単にできる方法が知りたいよ

 

このような疑問にお答えします。

 

せっかく炊いたご飯が硬くなってしまったり、焦げてしまうことは避けたいですよね。

 

初めてのキャンプで失敗せず簡単で美味しく炊けた方法をご紹介します

 

これからキャンプを始める方や美味しくご飯を炊く簡単な方法が知りたい方は失敗しない為にもぜひチェックしてみてくださいね!

 

キャンプでご飯を炊く簡単な方法とは?

キャンプでご飯を炊く簡単な方法とは?

キャンプでご飯を炊く簡単な方法とは?

キャンプでご飯を炊く簡単な方法をご紹介します。

 

初心者さんでも失敗しない簡単な方法は何なのでしょうか?

 

一番簡単で美味しく炊ける方法は『メスティン』を使用します。

 

アルミ飯盒である『メスティン』は熱伝導率もよく簡単にすぐに炊くことができます。

 

通常炊飯器ですと炊くのに40~50分くらいかかりますよね。

 

でもこのメスティンを使用すれば15分~20分くらいで炊けちゃいますよ!

 

メスティンは小さいサイズと大きいサイズがあります。

小さいものなら1.5合(ぎりぎり2合)

大きいものなら2.5合(ぎりぎり3合)まで炊くことができます。

 

炊き方はアルコールで炊く方法と完全自動炊飯もできる固形燃料を使用します。

 

焚き火やガスでも同様に炊くことができますが、火加減が難しいことからまずは固形燃料で試すのがおすすめです。

 

固形燃料なら、火加減も調整する必要がなく固形燃料が燃え尽きるまで放置でOKなので失敗するリスクがかなり減ります。

 

メスティンのやり方

  • お米一合(180ml)に対して水200mlをメスティンに入れ30分~1時間ほど漬ける
  • ポケットストーブの上にメスティンを乗せて固形燃料をセットして火をつける
  • 火が燃え尽きるまで待つ
  • 15分蒸したら完成

 

とても簡単だね!これならできそう!

 

ちなみに、風の影響を受けると上手く炊けない場合があるので、風防をするなど対応しましょう!

 

固形燃料で使用する場合の用意するものはこちら

>>メスティンでの自動炊飯での道具とは?何が必要?

 

これなら放置していても自然と火が消え、そのころには炊きあがるので簡単で美味しく炊けます。

初心者さんはまずこの方法でご飯を炊かれる方が多いです。

 

慣れてくると今度はアルコールストーブなどで炊くのもおすすめです。

 

火が均等にあたるのでムラなく美味しく炊きあがりますよ!

 

アルコールストーブで炊く場合はこちら

 

また、シングルバーナーなどで火をつけて炊けます。

 

いずれにしても、炊く前に30分~1時間浸水をしましょう。

 

この浸水が美味しく炊けるポイントとなります。

 

お米と水の量

お米1合(180ml)=水200ml

お米1.5合(270ml)=水300ml

お米2.0合(360ml)=水400ml

お米2.5合(450ml)=水500ml

お米3.0合(540ml)=水600ml

 

浸水をすることで、お米にできるだけ火が通りやすい状態にさせる

 

ちなみに、無洗米を使用する場合は気持ち多めに入れておくとよりおいしく炊けますよ!

 

メスティンの炊き方は様々なんだね!

 

正規にこだわらない、とにかく炊ければいい!という方に、メステイン自体もダイソーで売っています。

500円という安さで手に入れることもできますよ♪

 

メスティンはご飯を炊くだけでなく、色んな調理ができるので持っていてすごく便利なものです。

 

キャンパーさんで持っていない方の方が少ないくらい万能なのでぜひ試してみてくださいね♪

おかずもいろいろ作れますよ

キャンプでのご飯の炊き方【ライスクッカー】

キャンプでのご飯の炊き方【ライスクッカー】

キャンプでのご飯の炊き方【ライスクッカー】

ご飯を炊くことに特化した『ライスクッカ―

 

ご飯を炊くときに大事なのが水加減と火の加減ですが、調理道具によって厚みや熱伝導率も変わってくるので、意外と難しいです。

 

そこでおすすめなのが『ライスクッカー』です。

 

ライスクッカーに似ているものとして、飯ごうがありますが比べてライスクッカーの方が「鍋が厚めに作られている」ので失敗しにくいのがポイント

 

ご飯を炊くことに特化しているので、初心者さんでもしっかりと炊くことができますよ♪

 

ライスクッカ―のおすすめポイント

  • 水やお米を入れる線が書いてあるので(炊飯器みたいに)水加減に失敗しない
  • 自分の好きな固さで炊ける
  • 炊き方も3ステップでとても簡単

お米の量に対しての水をしっかり計って入れないと固すぎたり柔らかすぎたりして失敗します。

 

ライスクッカ―は自宅の炊飯器のように目盛りがついているのでそれに沿ってお米や水を入れるので炊飯器のようにしっかり炊けますよ。

 

お好みの方さに調整できるのもいいですよね!

 

やり方も簡単です。

最初は強火にかける

蓋が『カタカタ』となりだしたら弱火にする

湯気が出なくなったら火からおろす

 

完全自動炊飯ではないのですが、やり方自体はとても簡単なので初心者さんでも楽々調理できますよ!

 

おすすめはユニフレームのライスクッカ―

このライスクッカーは吹きこぼれをせずに吹かすことができるので家では最高です。私はこのライスクッカーを買ってから炊飯器使ってません。出典:Amazonレビュー ★★★★★

初めてでも、上手に炊けるという触れ込みで試しにと購入し、使用しました。説明書通りに、実行し。。。初めてでも上手に炊くことができました。出典:Amazonレビュー ★★★★★

 

クチコミもいいコールマンもおすすめ

火加減は中火ぐらい。ガス缶で放置して気づいたら湯気がたち湯気がなくなってきたら10分ぐらい蒸してみました。たったのこれだけで美味しく炊けました。
後片付けも楽で購入してよかったです。出典:Amazonレビュー ★★★★★

ユニフレームのライスクッカーと悩みましたが、炊き上がりはや炊き方は変わりないと判断して、付属品(ザル・計量カップ)で決めました。炊き上がりまで、火力調節が要らないです。付属品の米とぎ用にザルについて、使い勝手が良いです。 出典:楽天レビュー ★★★★★

最初は買って分からず、失敗しましたが、練習と感覚をつかむためガスコンロで調理したところ、最高の仕上がりに。しかも汚れずうまい!
出典:Amazonレビュー ★★★★★

 

お米の持って行き方はこちら

>>参考記事:キャンプにお米を持っていく方法は?事前準備で簡単に美味しく炊こう

キャンプでのご飯の炊き方【炊飯器】

キャンプでのご飯の炊き方【炊飯器】

キャンプでのご飯の炊き方【炊飯器】

ご飯は炊飯器で炊きたい!という方も実は『ポータブル電源』を使用することでキャンプ場でも炊飯器で炊くことができます。

 

大人数の場合にも、炊飯器はとても便利ですね!

 

ポータブル電源は、キャンプや車中泊にはもちろん災害にも役立つ優れもので、近年さらに注目されています。

 

扇風機や電気毛布など様々な家電製品が使用できるので、真冬や真夏のキャンプにも欠かせません!

>>参考記事:ポータブル電源の使い道は?普段使いおすすめ3選・長期保管のポイントご紹介

ポータブル電源の使い道は?普段使いやキャンプ・車中泊活用方法とは

続きを見る

 

キャンプってお肉を焼くのは定番ですが、どうせなら美味しいホッカホカのご飯も食べたいですよね!

 

美味しいご飯を炊いて楽しいキャンプを過ごしましょう。

キャンプのお米の炊き方簡単な方法まとめ

キャンプでご飯を炊くときに使用するのは

✅メスティン

固形燃料(完全自動炊飯)やアルコールストーブで炊く

✅ライスクッカー

水加減に失敗しにくい

キャンプでも美味しくご飯が炊けるようになるのでぜひ試してみてくださいね♪

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

れっか

キャンプ歴4年目のれっかです。おすすめのキャンプ用品やレビュー、災害時にも役立つポータブル電源の詳しい情報も発信しています! ファミキャンも好きですが、バイクで行くソロキャンで独り時間も楽しんでいます♪

-キャンプ飯
-, ,

© 2024 れっかCAMP Powered by AFFINGER5