テント

テントの素材の違いは?メリットやデメリットを把握しよう

スポンサーリンク

テントの素材の違いは何でしょうか?

キャンプへ行くときに必ずと言っていいほど必要なのが【テント】ですよね。

選び方を間違えると後悔することになりますし、安い買い物ではないので慎重に選びたいところ。。。

 

ですが、テントは形が違うのはもちろん、素材の違いによって風にあおられて壊れたり、結露に悩んだり。。。といったことがおこります。

テントの素材の違いを把握しておくことは非常に重要となってます。

 

ご自身の重視する点を考えながら素材を理解した上でテントを購入していきたいですね。

 

テントの素材の違いは?

自然の中でゆっくりと過ごすキャンプ。

今大ブームとなっていて、DODのカマボコテント等は抽選でしか購入できませんよね。

 

過ごされる人数やお気に入りの形で選ぶのはもちろんですが、【素材】もかなり重要です。

 

例えばバイクで行かれるのにあまりに重いテントでしたら大変ですよね。

結露しやすくてカビてしまった。。。といったことも事前に防げます。

 

また、素材によって価格も変わってきますよ!

 

そこでテントに使用される主な素材は、

✅ポリエステル

✅ナイロン

✅コットン

✅ポリコットン

があります。

 

それぞれの特徴があるのでまずはこの素材の特徴や違いを把握していきましょう。

 

テントの素材 ポリエステルの特徴

Amazon | 高級防水リップストップポリエステル綿素材ファミリーキャンプリゾートベルテント (カーキ, 直径4メートル) | Cozy house  | テント本体

テント生地に使われる最も一般的な素材です。

 

吸湿性や吸水性が低く、乾燥性が高いのでカビにくいのが特徴です。

 

 

よく、エアリズム等の汗を吸収しにくくさらっと着れる肌着などに使用されていますね。

テントは結露に悩むことが多いので、とても重要なポイントだと言えます。

 

キャンプでテントが濡れるのはなぜ?5つの対策方法をご紹介

キャンプでテントが濡れるのはなぜなのでしょうか?   雨が降っていないのに、朝になるとテントが濡れているなんてことはよくあります。   一体なぜなのでしょうか?   その ...

続きを見る

 

 

 

 

テントの素材 ナイロンの特徴

Hewolf 3-4人用シルナイロンテント 1841 :hewolf-tent06:ナインヒルズヤフー店 - 通販 - Yahoo!ショッピング

ナイロンとは、主に石油を原料とする「ポリアミド」とよばれる合成樹脂から作られた繊維のことを言います。

 

ポリエステルよりも軽く、耐久性に優れているのが特徴です。

水分も吸収しやすいのですがすぐに乾くので安心です。

 

 

登山の際に使用されることが多いようですね。

バイクや自転車、徒歩キャンパーさんにもおすすめです。

ただ、コスト面が結構かかるのがデメリットといえます。

 

安いものもあるので、お財布と相談ですね。

 

テントの素材 コットン

最新コットンテント/ポリコットンテントのおすすめは?選び方も紹介|BE-PAL

天然素材で見た目もナチュラルなコットン。

厚みもあり、夏は涼しく冬は暖かく、結露しにくいのが特徴です。

 

天然素材なのでかなり長持ちもします。

 

吸湿性が高いので結露しにくいのですが、しっかり乾燥させないとカビやすいので注意が必要です。

また重みもあるので初心者さんには少しハードルが高いかもしれません。

 

 

 

 

テントの素材 ポリコットン

Amazon | TOMOUNT ワンポールテント コットンテント ポリコットン キャンプテントTC素材 四季適用 3-5人 簡単設営 撥水 通気  遮光 焚火 キャンプ用 1本ポール付き サーカス (ベージュ(3*3*2.5m)) | MC | テント本体

コットン混紡素材の一つで、ポリエステルとコットンを混ぜた素材です。

 

ポリエステルの乾きやすく、コットンの通気性・吸湿性に優れている点を取り入れているのが特徴です。

 

 

コットンよりも軽く結露もしにくく、コットンよりは取り扱いやすいです。

ただポリエステルよりは重く、乾きにくいのでカビには注意が必要です。

 

結露しにくいテントをお探しでしたら、ポリコットンやコットンがおすすめです。

キャンプでテントが濡れるのはなぜ?5つの対策方法をご紹介

キャンプでテントが濡れるのはなぜなのでしょうか?   雨が降っていないのに、朝になるとテントが濡れているなんてことはよくあります。   一体なぜなのでしょうか?   その ...

続きを見る

 

耐水圧ってなに?

テントを購入しようとする際によく目にするのが【耐水圧】です。

耐水圧とは、テントに入ってこようとする水を防ぐ(抑えようとする)働きのことをいいます。

 

ですので、その数値が高くなるほど耐水圧に優れていて雨の侵入を抑えることができるということになります。

 

例えば傘は、200~500mmだといわれていますよ。

 

テントの耐水圧は1500~2000mmがおすすめです。

 

実は耐水圧が高すぎてもよくないのです。

その理由として

✅通気性が悪くなり結露もしやすくなる

✅夏場はテント内が非常に暑くなりやすい

 

よって、ちょうどバランスがいいのが1500mm~2000mmということになります。

 

素材だけではなく、耐水圧もいくつなのか気にしてみましょう♪

 

テントの素材の違いは?まとめ

テントで主に使用される素材は

✅ポリエステル

吸湿性や吸水性が低く、乾燥性が高いのでカビにくいのが特徴

✅ナイロン

ポリエステルよりも軽く、耐久性に優れているのが特徴

✅コットン

厚みもあり、夏は涼しく冬は暖かく、結露しにくいのが特徴

✅ポリコットン

ポリエステルの乾きやすく、コットンの通気性・吸湿性に優れている点を取り入れているのが特徴

 

メリットとデメリットを把握して検討しましょう。

また耐水圧は1500~200mmが最適です。

 

ご自身に合ったテントを選んで快適なキャンプを楽しみましょう♪

 

キャンプ用品をお得に買う方法

キャンプ用品お得な買い方は?知らなきゃ損なアレの使い方とは

キャンプ用品を購入するときってどこで買っていますか? お店やネットで毎回購入するのもいいのですが、かなりお得に購入できる方法があります。   毎回いろんなところで買っているからお得な情報を知 ...

続きを見る

-テント
-, ,

© 2021 れっかCAMP Powered by AFFINGER5