充電

冬キャンプはポータブル電源がおすすめその理由や使い方・容量はどうする?

2021年12月1日

スポンサーリンク

冬キャンプって焚き火や星空をより楽しむことができるので人気があります。

何よりも虫がいないのはいいですよね。蚊に刺されなどの心配もありません。

 

しかし、気温がかなり下がるので冬キャンプを楽しむためには防寒が必要です。

そこで冬キャンプはポータブル電源がおすすめです。

なぜ冬キャンプはポータブル電源がおすすめなの?

 

その理由や使い方をご紹介します。

初心者キャンパーさんにもおすすめしたいです。

快適に楽しくキャンプを過ごすためにも必要なものは揃えておきましょう!

冬キャンプはポータブル電源がおすすめその理由とは?

焚き火や星空が済んだ空気の中より綺麗に見える冬キャンプ。

決して過ごしやすいとはいえない冬のキャンプですが、1度行くとまた行きたい!と思ってしまいますよね。

 

しかし、冬キャンプは夏と違って気温や防寒対策に注意しなくてはいけません。

 

冬のキャンプは防寒さえ気をつければ春~秋のキャンプのように楽しむことができます。

特に深夜、寝ている時の気温は氷点下まで下がってしまうことも多いです。

日中はストーブなどで暖まれますが、就寝時は寝床を温めないと寒くて快適に寝られません。

 

そこでおすすめなのが『電気毛布』です。

シュラフの下に敷いたりコットの上に敷けば底冷え対策にもなりますし、電気毛布があればとても温まります。

 

一晩中電気毛布を使用するにはモバイルバッテリーでは足りませんよね。

そこでポータブル電源がおすすめというわけになります。

電気毛布はメリットがたくさんあります

※電源サイトでしたらポータブル電源なしで使用できますが必ず屋外用のコードを使用しましょう。

電気毛布のいいところ

 

おすすめポイント

✅安全に使える

✅持ち運びが便利

✅消費電力が小さい

✅心地よい暖かさで快適に寝れる

 

一つづつ見てみましょう。

安全に使える

石油ストーブや薪ストーブは、一晩中つけていると暖かいですが一酸化炭素中毒に気をつけなければいけません。

換気をこまめにしたり一酸化炭素チェッカーをつけたり対策が必要ですが、電気毛布は快適な温度で安全に保ってくれます。

まだキャンプを初めて間もない方や底冷え対策には電化製品の方が安全です。

 

持ち運びが便利

電気毛布と似ているものでホットカーペットがあります。

幅広く使えるのはホットカーペットで人数が多い場合はその方がいいかもしれませんが、ソロや少人数の場合は電気毛布がおすすめです。

なぜならコンパクトになるからです。

ホットカーペットって結構かさ張りますよね。その点電気毛布はコンパクトなので持ち運びも便利ですよ。

 

消費電力が小さい

こちらもホットカーペットと比較するとかなり消費電力が小さいのが特徴です。

これなら連泊でも使えますし、他の家電製品も使えるのがいいですね♪

大体ホットカーペットは200~700Wですが、電気毛布は50W前後です。

これによりポータブル電源の容量も変わってきますよね。

このことからも電気毛布がおすすめの理由です。

 

心地よい暖かさで快適に寝れる

電気毛布って暑すぎるということはあまりありません。

心地いい温度で保ってくれます。寝ている間に寒すぎるのも暑すぎるのも不快ですが、

電気毛布は心地いい暖かさで快適な睡眠を過ごすことができますよ。

また、ホットカーペットはタイマーなどで切れてしまいますが電気毛布はタイマーがないので朝まで暖かいです。

電気毛布 ホットカーペット
メリット
  • 安全に使える
  • 持ち運びに便利
  • 消費電力が小さい
  • 心地よい暖かさ
  • ソロや少人数向き
  • 安全に使える
  • 広い面積を温められる
  • タイマーや切れ忘れ防止機能がある
デメリット
  • 面積が欲しい場合は何枚か必要
  • 折りたたんでも大きい
  • 消費電力が大きい

ファミリーキャンプの場合はどうやって使うの?

我が家はファミリーキャンプが多いです。

冬キャンプの場合は

グランドシート(Oregoniancamper)

テント

ロゴスの防水シート

インフレーターマット

DODのわがやのシュラフの中に電気毛布を入れました。

足元に横向きで入れれば足元がかなり温まりました。

 

明け方は-5℃くらいまで下がりましたがぐっすりと眠れました。

\ちなみに使用したのは無印の電気毛布です/

実際に使っているもの

わがやのシュラフの口コミやレビューは?

インフレーターマットコスパ最強なものとは?

ポータブル電源の容量はどれくらいがいいの?

【200W】

✅サーキュレーター~(約40~50W)

✅電気毛布(約50W)

✅ポータブル冷蔵庫(約50W)

✅1畳用のホットカーペット

✅ノートPC(約50~150W)

✅扇風機(約50W)

 

電気毛布など限られた電化製品しか使わない場合、200Wでも足りそうです。

Jackeryでしたら240Wまで可能なものが2万円くらいで手に入りますよ。

Jackeryのポータブル電源

 

【500W】

✅炊飯器(約500W)

✅ホットカーペット(約200~500W)

✅電気ストーブ(約500W)

✅こたつ(約500W)

 

ものによってだいぶワット数も変わってきますが大体の目安です。

500Wはあったほうがレパートリーが増えますよね。

【700W】

✅コーヒーメーカー(約500~700W)

✅電気ストーブ(約500W~)

✅電気ポット(約700W~)

 

【1000W以上】

✅電気ポット(約700W~1300W)

✅電気ストーブ(約500~1300W)

✅電子レンジ(約1300W)

✅ホットプレート(約1300W)

ポータブル電源はキャンプだけではなく、災害時の備えとしてもかなり役立ちます。

そのため使いそうな家電製品のワット数よりも大き目なものを用意しておくのがおすすめです。

持ち運びにやすいポータブル電源【Jackery】

おすすめの電気毛布はどれ?

ここでおすすめの電気毛布を5選ご紹介します。

参考にしてみてくださいね!

山善のふわふわもこもこ 電気掛・敷毛布です。敷毛布や掛布団、ひざ掛けの3種類から選べます。

室温センサーがついているので、朝の冷え込みを感知して温度を上げてくれる優れものです。

無段階で温度調節もできるのでお好きな温度を微調整できるから便利です。

もちろん丸洗いもできますよ。

ほんとうに柔らかくて、ちょっと熱めにしてくるまっていると温泉に入っているような心地の良さです!しかも洗えるなんて!2,000円台からある電気毛布に比べて高いなと、迷っていたんですが買って大正解でした。

出典:Amazonレビュー

 

アイリスオーヤマの電気毛布です。

大きさも140×80㎝と190×130㎝が選べます。

最大50℃まで暖めることができます。お手頃価格なところも嬉しいですね。

 

 こちらもアイリスオーヤマの電気毛布です。

フランネル調素材なので触り心地もよく心地よく眠れます。

自動切タイマー付きで1年保証なので安心ですね。

 

 

LIUDUの電気ひざ掛けです。

敷いてもいいですしシュラフなどの上にかけても暖かさが実感できますね。

8つのヒーターが内蔵されているので暖かさが均等に伝わってくるのが魅力的です。

上から羽織れるので外にいる時も使用できますよ。

 

大きすぎて出番のなかった公称24000mAhのバッテリーでは、中温で約6時間暖めているようです。
車中泊では3シーズンシュラフの中に敷いて使いたいと思います。

出典:Amazonレビュー

 

 

Sugiyama 電気ひざ掛け毛布です。

安心の日本製です。ダニ退治機能搭載されています。

コットやシュラフの下に敷けばかなり温まりますね!

こちらも室温センサーがついていて丸洗いできるのでおすすめです。

 

キャンプだけではなく、家でも使用できる電気毛布。

一石二鳥ですよね♪

冬キャンプはポータブル電源がおすすめまとめ

冬キャンプは気温が低くなるので油断は禁物です。特に寝ている間がかなり冷えるので、しっかり防寒対策が必要です。

そこでポータブル電源があれば電気毛布やホットカーペットでかなり温まることができます。

 

そしてもしもの時の災害にも活躍できるので、各家庭1つは持っていた方が備えにもなりますね!

持ち運びにやすいポータブル電源【Jackery】

 

-充電
-, ,

error: Content is protected !!

© 2022 れっかCAMP Powered by AFFINGER5