キャンプごはん

自宅で燻製づくりをしよう!やり方用意するものをわかりやすく解説

2020年6月5日

みなさん燻製料理って好きですか?

 

口の中に入れたときに広がる何とも言えない香ばしい香り。

 

お酒のおつまみとしても大人気の燻製ですが、自宅で簡単に作れるといいですよね!

こんな方におすすめ

  • 燻製に興味があるけど、何を用意したらいいのかわからない方
  • 燻製のやり方を知りたい方
  • キャンプ場など出先で燻製を作りたい方

燻製ってそもそも何?からやり方まで詳しく解説していきます!

 

バーベキューなどにみんなの前で披露してもかっこいいですよ♪

そもそも燻製ってなに?

燻製とは
食材を燻煙することで保存性を高めるとともに特有の風味を付加した保存食、調理法であり調理法はスモークともいいます。

 

燻煙によって煙中の殺菌成分が食品に浸透するとともに長時間の燻煙によって食品の水分量が減少しより保存性が高まります。


もともとは保存食のため
として作られていました。

 

現在ではそのおいしさが認められ全世界でいろいろな料理として楽しまれています。

燻煙法は3種類ある


温度が高い方から順に【熱燻】【温燻】【冷燻】の方法があります。

燻煙法【熱燻】


80℃を超えるような高温環境でいぶす方法
です。

 

比較的短時間で加熱調理が終わるので、保存には向きませんが、キャンプやバーベキューなどみんなに披露したいときにはぴったりです。

 

手羽先の燻製や鯖の燻製などにも向いています。

燻煙法【温燻】

最も一般的なやり方です。30~80℃程度の煙でいぶします。

 

加熱時間も2時間~1日かけることもあり、市販で売られているものもこの燻煙法が主に使われています。

 

長時間高温にかけるため水分も減るので本来の保存食の意味での燻製が出来ます。

 

ベーコンや鶏肉の燻製、ビーフジャーキーなどに向いています。

燻煙法【冷燻】

15~30℃程度の煙でいぶします。燻煙法の中では一番難しい方法です。

 

出た煙も冷やしながら行い数日から数週間ほどかかります。

 

出る水分は少ないので保存にはとても向いています。生ものを長期にわたって保存するための方法だともいえるでしょう。

 

生ハムやスモークサーモンなどに向いています。

自宅で燻製づくりをしよう!やり方の手順

先にやり方の前準備からお伝えします。

step
1
下ごしらえ


魚や肉でしたら余分な血合いや骨などは全て取り除いておきます。
(腐敗をおこしにくく食べやすくするためです。卵などは茹でておいてください。)

 

私は鶏肉や豚肉、牛肉を使用する際はミートテンダーライザーを使用して柔らかく味付けも浸透させやすくしています。

 

ミートテンダーライザーってなに?

普段の調理にも、もちろん大活躍しています。(胸肉も柔らかくしてくれます)

step
2
塩漬け

次に味付けをしていきます。

 

塩などの調味料を直接すりこむ方法とソミュール液(調味料やスパイスを加えた塩水のこと)に漬けこむ方法があります。

 

燻製の種類によって変わってきます。

 

これを数時間~数日かけて付け込みます。

 

味付けもご自身の好きなものをチョイスしてくださいね。

 

ハーブやスパイス、塩や砂糖を加えたりしていろいろと試すのもたのしいですよ!

 

ソミュール液とは?

step
3
塩抜き

ここで表面についた余分な塩分を洗い流します。

 

味付けは充分浸透しているのでしっかりと塩抜きしてください。

 

ボールに水を張ってしばらく置いておき、数時間ごとに水を変えるのが一般的です。

一日くらいかけてしっかりと行ってください。

 

step
4
乾燥

塩抜きをした後はしっかりと乾燥させます。

ペーパーに包んで冷蔵庫で寝かせスモークする直前にペーパーを取り1~2時間冷蔵庫に入れます。

または、日陰に干して乾燥させて下さい。

手間暇かけて美味しくなりますよ♪

step
5
燻製

そこまでできたらいよいよ燻煙していきます。先ほどお伝えした熱燻,温燻,冷燻があります。

 

下記で熱燻方法をお伝えしていきます。

 

step
6
熟成

味をなじませ、深みを与えるために熟成させていきます。

 

冷蔵庫で寝かせるか日陰でほしておきます。

 

出来立てを食べるのもおいしいですが、ここで熟成させるとよりおいしさがいていきますよ!

 

自宅で燻製づくりをしよう!用意するものは?

燻煙の際に準備するものです。

 

ここでは道具がないとできません。準備するものは・・・

スモークチップorスモークウッド

一般的にスモークチップは熱燻向け、スモークウッドは温燻向けです。

スモークチップ・ウッドについて

スモークピート

こちらは香りを増すものです。なくてもできますが、したほうが出来上がりの質が上がります!

スモーカー

家の中でやるより外で使用したほうが臭いも残りません。お好きなものを一つ持っていればキャンプにも持っていけますよ!

スモーカーで燻製づくり~UNIFLAME使用~

実際にスモーカーを使用して作る様子です。

今回はこちらのUNIFLAMEのスモーカーを使用します。

外でスモークするメリット

✔家の中に燻製のにおいが残らない

✔出先でも使用できる【キャンプ、BBQなど】

こちらは別売りでしたが、温度計も使用します。

チップを入れて1時間半くらい入れます。(熱燻の場合)

スモーカーの下にバーナーがぴったり入るようになっています。

 

こちらはSOTOのバーナーです。分裂式がおすすめ!

 

火をいちいちおこす必要もないので簡単にできてすごく便利なアイテムです!!

こんなかんじで燻製ができます!!

 

鶏肉の燻製レシピはこちらをどうぞ☟

詳しくはコチラ

今回使用したスモーカーはこちら

自宅で燻製づくりをしよう!まとめ

燻製法は【熱燻】【温燻】【冷燻】がありましたね!

 

作る工程としては

 

下ごしらえ→塩漬け→塩抜き→乾燥→燻製→熟成

 

手間暇かかりますが、その分美味しさ倍増です。

 

余分なものは入らないので市販のものよりも身体に優しいものが出来ますね!

一度はチャレンジしてみちゃいましょう♪
れっか

 

燻製作りに必須なスモークチップの使い方はこちら

スポンサー

  • この記事を書いた人

れっか

はじめまして。れっかです。 このサイトは、これからキャンプを始めたい方、もっと便利でいい道具を探している方、ファミキャンメインでされている方々にとって有益な情報を提供しています。キャンプ道具は奥が深いですが、日常にも使えて便利ですよ♪

-キャンプごはん
-, ,

© 2020 れっかCAMP Powered by AFFINGER5