ポータブル電源・充電

ポータブル電源は災害時に必要か?重要な役割と注意事項

スポンサーリンク

地震大国日本。必ず来るであろうとも言われている、南海トラフ巨大地震や首都直下型地震、富士山噴火など災害はいつ起こるかわかりません。

 

また、台風などにより長期にわたって停電することも多々あります。

 

そこで事前に備えておくことが大事だと言われています。

 

最近では3日分ではなく、1週間分の飲食を用意するようにと言われていますが、そういった備蓄に対し、さらに注目されているものがあります。

それは『ポータブル電源』です。

 

今回はこのポータブル電源についてお伝えします。

 

ポータブル電源は何なのか、また災害時に本当に必要なのでしょうか?

 

災害に備えるためにも重要なポイントとなってきます。

 

さっそくポータブル電源は災害時に本当に必要なのかどうなのか詳しく見てみましょう!

 \大注目のエコフローSALE開催中/

EcoFlowブラックフライデーセール2022

ポータブル電源は災害時に必要か?

近年、注目されている『ポータブル電源』

車中泊やキャンプの際に持っていかれる方も多いですよね。

 

そんなポータブル電源とはどのようなものなのでしょうか?

ポータブル電源とは

可搬型のバッテリーで外部電源により充電を行い、蓄電された電気を電気製品・機器に供給可能な電源装置のこと

携帯を充電するモバイルバッテリーとは少し違いますね。

>>参考:ポータブル電源とモバイルバッテリーの違いとは?

 

災害時には『電力』が必要となります。

1人一台は持っている携帯電話の充電はかなり重要となっていますよね。

実際に、在宅避難者が避難所にスマートフォンの充電に訪れるというケースが多く見られるそうです。

取り合いになるケースも多いそうですよ。

 

そこで、各家庭で『ポータブル電源』を持っていることで、充電の確保ができますし、LEDの明かり用の電源として使うこともできます。

 

水や食料、簡易トイレなどの備蓄品も大事ですが、こういった充電にも目を向けることも大事です。

 

災害だけではなく、停電時にも大いに役立ちますよ!

キャンプ場使用する為に購入される方も多いのですが、こういった災害にも備えられるのでポータブル電源は災害時にも停電時にも必要ということになりますね!

実際にどんなことに役立つの?

では、実際にポータブル電源があることでどんなことに役立つのでしょうか?

 

ポイント

・携帯電話の充電ができる

・照明の充電ができる

・暑い時期に扇風機を利用できる

・寒い時期に電気毛布を利用できる

・赤ちゃん用のミルクを作れる(お湯を沸かせる) など

 

突然の災害や停電で、電気が使えなくなると日常生活にかなり支障が出てしまいます。

 

思うように生活ができないストレスからも軽減するように、ポータブル電源は各家庭で持っているとかなり便利なのです。

かなり便利だという声が上がっていますね!

 

ちなみに普段使いも役立ちますよ!

>>参考:ポータブル電源の使い道は?普段使いおすすめ3選ご紹介

 

では災害時や停電時に備えるためにはどのようなポータブル電源を選べばいいのでしょうか?

【災害時・停電時に】どういったポータブル電源を選べばいいの?

出典:Jackery

では、実際にどのようなポータブル電源がおすすめなのでしょうか?

 

それは、『充電と給電』ができるタイプです。

 

ソーラーパネルがセットとなっているものでしたら、天気のいい時にポータブル電源に給電ができます。また、ガソリンスタンドが普及した際には、シガーソケットからも充電ができますよ。

 

また、各メーカーごとに『容量』も選べます。

【例】

Jackeryポータブル電源1000

・スマートフォン(18w) 約54回の充電

・車載冷蔵庫は約66時間使用可能

・ノートパソコン 約12回の充電

 

Jackeryポータブル電源1500

・スマートフォン(18w) 約74回の充電

・車載冷蔵庫は約90時間使用可能

・ノートパソコン 約16回の充電

 

安全性の高い国内メーカーや大手メーカーから購入されることをおすすめします。

 

その理由は、近年ポータブル電源による火災が多発しているからです。

 

実は正しいメーカーではない場合、製造や販売元が不透明な場合があります。そういったメーカーでは安全性が欠け結果何かしらの原因で発火してしまうといった恐れもあります。

 

また、リコール製品の場合の火災も半数を占めていることが、過去のデータから分かっています。

 

こういった背景から消費者庁からも注意事項として、

製造・販売元がはっきりしている製品を選ぶ

リコール対象製品となっていないか確認する

・防水性能レベルを確認する

・機種ごとの定格出力を守る

こういったことを挙げています。

 

さらに詳しく見てみる

ポータブル電源を買ってはいけない理由とは後悔しないために【これだけは気を付けて】

キャンプや災害時に役立つポータブル電源。   今ではいろいろなメーカーのものが販売されていて、価格も様々なものが多いですよね。   そんなポータブル電源ですが、その便利さから安易に ...

続きを見る

 

そういった点からも安全性が高くソーラーパネルのある『Jackery』がおすすめです。

 

Jackeryとは?

創立メンバーにAppleの元バッテリーエンジニアが加わり、2012年米国にてJackery Incとして設立され誕生し、2019年株式会社Jackery Japanを設立した。

元々米国ですが、現在は日本のメーカーとしても、かなり使い勝手がいいと話題となっています。

保証も2年ついているので万が一のことがあっても、安心ですね!

 

いろんな容量も選べるので、ご家族の人数や予算に合わせて選べるのもいいですね!

アウトドアや防災に活躍!大容量でコンセント使用可能なJackeryポータブル電源【Jackery】

ポータブル電源を購入する際の注意事項を再度おさらい

先ほど、安全性について触れましたが、大事なことですので注意事項として再度お伝えします。

注意ポイント

✔正しいメーカーから購入する

✔リコール製品かどうか

✔保証があるモノを購入する

✔取り扱いに注意

消費者庁からも、警告していえるように正しいメーカーかリコール製品かどうか確認することも大事です。

正しいメーカーから購入しないと火災につながる可能性もあるからです。

 

ポータブル電源を買ってはいけない理由とは後悔しないために【これだけは気を付けて】

キャンプや災害時に役立つポータブル電源。   今ではいろいろなメーカーのものが販売されていて、価格も様々なものが多いですよね。   そんなポータブル電源ですが、その便利さから安易に ...

続きを見る

 

いざという時のためやアウトドアにも使えるポータブル電源。身を守るためにも今のうちに用意しておくことも大事ですね。

実はレンタルもできますよ!詳しくはこちら

ポータブル電源は災害時に必要か?まとめ

いつ起こるかわからない災害。

近年では地震だけではなく、水害や停電といったことも度々起こっています。

そこで、飲食を始めとする防災グッズだけではなく、【充電】という意識も重要なことが分かりましたね。

 

普段からも使用でき、大変便利なポータブル電源。

これを機に防災の意識をさらに高めていきましょう!

-ポータブル電源・充電
-, ,

error: Content is protected !!

© 2022 れっかCAMP Powered by AFFINGER5