おすすめグッズ

キャンプの灯油タンクおすすめ4選オシャレでかっこいいのはコレ!選び方のコツ

キャンプの灯油タンクおすすめ4選

冬のキャンプって好きな方も多いですよね。

 

そこで、防寒器具としてストーブを使用する方も多いと思います。

 

キャンプでも使える灯油タンクってオシャレなものはないの?

 

どうせなら、灯油タンクも目立つ色ではなくオシャレでキャンプでもぴったりなデザインがいいですよね。

 

キャンプで使える灯油タンクのおすすめのものをご紹介します。

 

こだわってそろえたギアに溶け込こむ灯油タンクで、気分も高めていきましょう!

キャンプの灯油タンクってどんなもの?

灯油タンクといえば、一般的なものがこちらの赤いものですよね。

 

灯油タンクとは、ストーブの燃料となる灯油を貯蔵する容器です。

 

灯油は引火性燃料のため危険物として扱われており、JIS規格などの安全基準に適合したものが灯油タンクとして使われています。

 

ストーブの灯油がなくなったら、灯油タンクからストーブへすぐに灯油を入れることが出来ます。

 

ストーブをよく使われるご家庭では必ずこの灯油タンクを見かけますね!

 

灯油タンクは様々な種類がありますが、安全に運ぶためにもまずは正しい選び方を知っておきましょう。

 

灯油タンクの選び方

灯油タンクの選び方

灯油タンクの正しい選び方をご紹介します。

 

以下の3点に注目して選んでいきましょう。

  • 灯油タンクの素材
  • 灯油タンクの大きさ
  • 消防法適合品を選ぶ
  • 灯油タンクのデザイン

 

灯油タンクの素材

灯油タンクには「ポリエチレン製」と「金属製」の素材が使われています。

 

それぞれ特徴が異なります。

メリットデメリット
ポリエチレン製
  • 軽くて持ち運びやすい
  • リーズナブルな価格
  • デザインが豊富
  • 耐久性にあまり強くない
  • 衝撃に弱い
金属製
  • 耐久性が高く長持ちする
  • 見た目がスタイリッシュ
  • 価格が高め
  • 重い

 

ポリエチレン製はよく見かけるタイプですが、金属製は耐久性が高いので長持ちします。

 

キャンプに持って行くなら、持ち運びやすい方が便利かなと思いますが金属製はスタイリッシュでかっこいいという特徴もあります。

 

我が家はポリエチレン製ですが、長持ちさせたい方は金属製でもいいかもしれませんね。

 

灯油タンクの大きさ

灯油タンクにも、大きさがあります。

 

5L、10L、20Lのものが多いですよ。

 

キャンプの泊数やストーブをつける時間によって異なります。

 

1泊2日で夜だけしかつけない場合は5Lでも大丈夫ですが、日中もつける場合は10Lはあった方がいいでしょう。

 

2泊以上は20Lがおすすめです。

 

大きすぎると場所も取るので使う量を持って行くといいですよ

 

 

ちなみに18Lのジィニータンクを車に乗せるとこれくらいのスペースがとられます。

 

 

消防法適合品を選ぶ

出典:大阪市灯油の危険性について

 

灯油は消防法上の「危険物」に該当し、その貯蔵や取扱いの方法について様々な規制がされています。

 

適当な容器を選ぶのではなく、必ず消防法適合品を選ぶようにしましょう!

 

JISマーク(日本国内の認証審査を通過している商品)

KHKマーク(危険物保安技術協会により、危険物等に係る災害発生の防止を目的とし、危険物を充填する容器が所定の基準に適合しているか、消防法に基づいた試験確認を行い、これに合格した容器)

UNマーク(危険物等を入れた容器で船舶輸送する際、その容器が国際勧告(UN規格)に適合している旨を表す)

 

ガソリン携行缶に灯油を入れてもいいの?

 

ガソリン缶に灯油を入れても問題はありませんが、灯油タンクにガソリンを入れるのは絶対にやめましょう。

 

混じってしまう恐れもあるので、それぞれ専用にタンクを使用することをおすすめします!

 

間違えてガソリンを入れないようにすることや、換気をしっかり行ったうえで灯油を入れるようにしましょう。

 

灯油タンクのデザイン

少し前までは、灯油タンクと言えば赤か青い色をした灯油タンクが多かったのですが、現在は様々なメーカーから見た目もかっこよくオシャレなものが販売されています。

 

特にキャンプで使用する場合は、ご自身のキャンプ道具に合わせた色を選ぶことがポイントです!

 

灯油タンクだけ浮いてしまわないように、カラーを一体化させることがオシャレのコツですよ。

 

では、おすすめの灯油タンクを見ていきましょう!

キャンプで使う灯油タンクのおすすめをご紹介

キャンプで使う灯油タンクのおすすめをご紹介

キャンプで使用する場合は、タンクの大きさや色にこだわって決めていきましょう。

 

オシャレでおすすめの灯油タンクを4選ご紹介します。

 

 

灯油タンクおすすめ①ヒューナースドルフ

世界中からも人気のある、Hunersdorff(ヒューナースドルフ)。

 

ヒューナースドルフとは

・1829年創業したヒューナースドルフは、当初家庭・船舶キッチン用の銅製品の製造を主としていた

・1940年代以降よりプラスチック製品の製造に進出、2003年には燃料タンクの製造分野でヨーロッパシェア第1位までに成長する

・ドイツの製品安全基準TUV(テュフ)規格の認証を受けた安全性・信頼性も兼ね合わせた商品は世界中から人気を集めている

 

見た目もかっこよく自然に溶け込む色合いが素敵ですね!

 

ちなみに、ブラックもありますよ!

 

 

灯油タンクおすすめ②タンゲ化学工業

愛知県名古屋市に本社を持つタンゲ化学工業は、立つゆたんぽなど、あらゆる商品を生み出しています。

 

両方の油 (灯油・軽油) 試験を合格し、色も渋くてかっこいいと好評です。

 

The Genie Tank (ジィニータンク) 

こちらは、アラジンの給油ポンプなど口がぴったりはまります。

 

わが家はトラスコの給油ポンプを使用していますが、これがピッタリでおしゃれで気に入っています。

トヨトミストーブと一緒に持って行っていますが、ストーブの暖かさはやはり最高ですね!

 

ちなみに給油ポンプはトラスコのものを使用していますが、使いやすくガソリンを入れるように給油をするのでとても使いやすくおすすめです。

関連記事:トヨトミストーブの給油ポンプや給油方法は?小さな穴でもこぼれない!超便利アイテム

 

色んな種類やデザインがあって、ご自身の好みに合わせて選べるのはいいね

 

灯油タンクおすすめ④メルテック

メルテックとは?

大自工業株式会社のブランド名であり、バッテリー充電器やブースターケーブル、ジャッキ関連、ガソリン携行缶などを販売している

 

ガソリン携行缶は愛用者も多く、使いやすいと好評ですよ!

漏れもなく、丈夫であるのがポイントです。

 

瑞穂化成工業(Mizuhokasei)のタンクは要注意!

グレーやブラック、グリーンやホワイトなどカラーも豊富な灯油タンク。

 

一つ一つ職人さんが丁寧に手をかけて製造しています。

信頼性を安全性を第一に考えながら作られているMIZUHOブランド製品です。

 

様々なプラスチック容器やボトルを作られているメーカーなのです。

 

安心の日本製はいいね!

 

ただし、こちらは本来灯油対応ではないとのことですので、使用する際は注意してくださいね!

①弊社の取扱い商品は全てガソリン・軽油・石油等の使用禁止です。
②弊社商品は灯油に使用できません(推奨認定マークはございません)

出典:公式サイト

 

わが家も間違えて買ってしまったので非常用の水を入れています

 

\我が家は非常用のお水を入れています/

 

見た目もかっこよく、リーズナブルな価格なので非常用やキャンプの時のお水入れにはよさそうだね!

 

まとめ

冬のキャンプに欠かせないストーブ。

 

キャンプでも使う灯油タンクの選び方はこちらです。

  • 灯油タンクの素材
  • 灯油タンクの大きさ
  • 消防法適合品を選ぶ
  • 灯油タンクのデザイン

 

お洒落なデザインやカラーのものがいくつか出ています。

ヒューナースドルフ

タンゲ化学工業

The Genie Tank (ジィニータンク)

メルテック

 

灯油タンクもオシャレなものを使用し、よりキャンプを楽しんでいきましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

れっか

キャンプ歴4年目のれっかです。おすすめのキャンプ用品やレビュー、災害時にも役立つポータブル電源の詳しい情報も発信しています! ファミキャンも好きですが、バイクで行くソロキャンで独り時間も楽しんでいます♪

-おすすめグッズ
-, ,

© 2024 れっかCAMP Powered by AFFINGER5