おすすめグッズ

シュラフ・寝袋の違いや意味はなに?失敗しない3つのポイントを徹底解説

シュラフや寝袋ってどんな違いや意味があるの?

 

このような疑問にお答えします。

 

また、寝心地は翌日の身体の不調にも繋がってくるのでシュラフの選び方も大切です。

 

そこで、シュラフや寝袋の違いだけではなく正しい選び方や失敗しない3つのポイントもご紹介します。

 

季節によっても違いますし、ものによって収納サイズがかなり変わってきますよ。

 

我が家も最初はエアーマットレスと布団を持っていきましたが荷物がかさばって仕方がなかったです・・・

 

持ち運びやすさや寝心地の良さなど、寝具はキャンプ用品の中でもこだわっておきたいところですね。

 

シュラフ1つで寝心地もかなり変わってきます!快適な睡眠のためにもしっかりと選びましょう

シュラフ・寝袋の違いや意味はなに?

シュラフ・寝袋の違いや意味はなに?

シュラフ・寝袋の違いや意味はなに?

シュラフや寝袋の意味は何なのでしょうか?

 

まず、シュラフとは、ドイツ語でシュラフザック(Schlafsack)の略。」になります。

 

Schlaf=寝る 

sack=袋

 

ということは、日本語で表すと「寝袋」ですね。

 

ちなみに英語では、スリーピングバッグ(sleeping bag)と呼ばれています。

 

sleeping=寝る

bag=袋

 

ということは、シュラフ=寝袋なんだね!

 

なぜ、ドイツ語の呼び方が採用されたかは諸説ありますが「寝袋」「スリーピングバック」よりも「シュラフ」の方が響きがいいことは確かですね。

 

シュラフとはどんな用途や種類があるの?

シュラフとはどんな用途や種類があるの?

シュラフとはどんな用途や種類があるの?

シュラフと寝袋の意味が明確になりましたね。

 

シュラフは野外で寝るための持ち運びやすいコンパクトな寝具です。

 

キャンプや登山などテント内で寝るためには必須のアイテムですね!

 

種類や値段も様々なんだよね。どう選べばいいの?

 

種類の特徴や選び方をご紹介します

シュラフの選び方とは?3つのポイントを徹底解説

シュラフの選び方とは?4つのポイントを徹底解説

シュラフの選び方とは?4つのポイントを徹底解説

ここからはシュラフの種類や素材のご紹介をしていきます。

 

重要なポイントはこちらです。

 

シュラフを選ぶときのポイント

  • 「封筒型」「マミー型」「ラップ型」の3種類の違い
  • 素材の違い
  • 季節によって変わる

 

シュラフの種類によって温かさや耐寒できる温度が違ってくるのでこれから購入を考えている方は要チェックですよ!

 

シュラフの選び方①3種類の違い

シュラフの選び方①3種類の違い

シュラフの選び方①3種類の違い

シュラフの選び方として3種類の違いや形を知っておきましょう!!

 

「封筒型」「マミー型」「ラップ型」の特徴やデメリットをご紹介します。

 

【封筒型】

こちらは「封筒型」と呼ばれるシュラフです。

 

見ての通り封筒のような形をしており、一般的な布団に近い形をしています。

 

両サイドのファスナーを開けば1枚の掛け布団として使えるのがポイント!

 

連結も可能なのでファミリーキャンプの際でも大活躍します。

 

ファミリーキャンプで使用している方はこのタイプが一番多いですよ

 

ポイント

  • 布団に近い使用感で寝心地がいい
  • 連結可能なタイプもある
  • 両サイドのチャックを開ければ大きな掛け布団になる
  • 丸洗いできるものも多い
  • 価格が安い

 

注意ポイント

  • 重め
  • 収納サイズが大きい
  • 保温性が低い

 

【マミー型】

マミー=ミイラとも呼ばるように、身体をすっぽり覆ってくれるような形なります。

 

保温性が高いので標高が高い登山などにも大活躍寒さにとても強いです!

 

ソロキャンプや寒い冬などではこちらのマミー型がおすすめです。

 

コンパクトなので持ち運びにも楽々ですよ。

 

ポイント

  • 保温性が高い
  • コンパクト
  • 軽い

 

注意ポイント

  • 価格が高い
  • 寝返りをうちにくい

【ラップ型】

マミー型に似ていますがマミー型よりも肩口が広いのが特徴。

 

ドローコードがついているのでそれを引っ張り首周りを密着させます。

 

春から秋口にかけて活躍しますよ!

 

ポイント

  • 収納サイズがコンパクト
  • 価格が安い

 

注意ポイント

  • 真冬には不向き
  • 重い

 

シュラフの選び方②素材の違い

シュラフの選び方②素材の違い

シュラフの選び方②素材の違い

寝袋(シュラフ)の素材は大きく分けて二つあります。

 

ダウン

保湿性が高いダウン。素材自体がふかふかしています。

 

ダウンのメリット

  • 軽量
  • コンパクト
  • すぐに温まる

 

ダウンのデメリット

  • 価格が高め
  • メンテナンスが大変
  • 吸水性があまりないため濡れに弱い(濡れると保温力が低下)

 

化学繊維

安価で手を出しやすく、手入れも簡単です。

 

化学繊維のメリット

  • ダウンに比べて安価
  • メンテナンスが楽
  • 濡れても保温力が維持できる

 

化学繊維のデメリット

  • 重い
  • かさばりやすい

 

登山や旅など持ち運びに重視したい場合はダウンの方がよさそうだね!

 

シュラフの選び方③季節によって選ぶ

シュラフの選び方③季節によって選ぶ

シュラフの選び方③季節によって選ぶ

寝袋は夏用・冬用・春から秋にかけて使える3シーズン用があります。

 

シュラフには、限界使用温度というものが表示されています。

 

目安としての温度が決められています。

夏場:限界使用温度が5~10℃のもの

冬場:限界使用温度が-5℃以下のもの

3シーズン:-5℃~5℃のもの

 

使用する季節を考えて選ぶようにしましょう!

 

おすすめのシュラフを種類や季節ごとにご紹介!

おすすめのシュラフを種類や季節ごとにご紹介!

おすすめのシュラフを種類や季節ごとにご紹介!

 

ここからはおすすめの寝袋(シュラフ)をご紹介していきます。

 

「封筒型」「マミー型」「ラップ型」の3種類を季節に応じたおすすめのものをご紹介します!

 

おすすめシュラフ・封筒型

春~秋におすすめ

限界使用温度:5℃

 

冬におすすめ

使用可能温度域:-10℃~-30℃

 

オールシーズン使用可能

限界使用温度 :-11℃

 

ちなみにファミリーキャンプメインの我が家はDODのわがやのシュラフを使用しています。 真冬は電気毛布を使用しているのでー5℃でも快適に寝られたので年中使えています!

 

シュラフによっては真冬は寒い場合もありますが、電気毛布を使用することで快適に寝られる工夫もできますよ!

>>参考記事:わがやのシュラフの口コミは?冬は使えるの?レビューも兼ねてご紹介

わがやのシュラフの口コミは?
わがやのシュラフの口コミは?冬は使えるの?レビューも兼ねてご紹介

続きを見る

 

>>動画でもご紹介しています

 

おすすめシュラフ・マミー型

春~秋におすすめ

 

冬におすすめ

限界使用温度:-11℃

 

オールシーズン使用可能

適応温度:-5℃

 

おすすめシュラフ・ラップ型

夏におすすめ

使用温度目安:10℃

 

使用温度目安:15℃

 

シュラフで有名なブランドをご紹介

シュラフで有名なブランドをご紹介

シュラフで有名なブランドをご紹介

シュラフで人気のメーカーもいくつかあるので、ご紹介します。

 

各メーカーが自信をもって作られているので、安心して使用できるのが最大のメリットです!

 

montbell

軽くてコンパクトで機能性抜群のモンベル。

登山家も愛用されている方が多いので、高品質や軽量化にはかなりこだわっています。

 

寝具によって翌日のパフォーマンスも変わってくるので、特に登山やアウトドアなど体力を使う時にはしっかり休める環境を作ることが大切ですよ!


 

NANGA

ナンガは1941年に近江真綿布団の産地からスタートした、羽毛の町から生まれた寝袋メーカーです。

羽毛」にこだわり、長年培ってきた、羽毛の選定・洗毛・管理のノウハウによって最高な品質であり暖かみのある優れた商品が誕生し、キャンパーや登山家たちにもかなり人気のメーカーです。

 

お値段以上の性能に、リピーターも続出しています。

 


 

この布団があれば、万が一の震災や停電で暖房が使えなくなった時にも活躍しますね

 

ISUKA

ISUKAは寝袋・シュラフ専門メーカーです。

高品質で保温性も高く寝心地がよくて人気の高い国産メーカーです。

 

日本のメーカーで大阪にあり、テストを何回も繰り返し改良されながら品質にこだわって作られています。

 

 

快適な睡眠にはインフレーターマットも重要ですよ!

>>参考記事:インフレーターマットの寿命はどれくらい?理由や選び方のポイント

 

シュラフ・寝袋の意味は?まとめ

シュラフとは、「ドイツ語でシュラフザック(Schlafsack)の略。」

 

寝袋は日本語で英語ではスリーピングバッグ(sleeping bag)

 

どちらも同じ意味合いで、携帯用の寝具のことでキャンプや登山の際にテントの中で使ったり、防災用具としても使われることがあります。

 

シュラフ(寝袋)の種類は

✅封筒型

✅マミー型

✅ラップ型

 

ダウン化学繊維なのか、季節によって使える寝袋も変わってくるので限度使用温度の確認も忘れずに!!

 

これで快適なキャンプを楽しみましょう♪

 

ワークマンのシュラフもおすすめ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

れっか

キャンプ歴4年目のれっかです。おすすめのキャンプ用品やレビュー、災害時にも役立つポータブル電源の詳しい情報も発信しています! ファミキャンも好きですが、バイクで行くソロキャンで独り時間も楽しんでいます♪

-おすすめグッズ
-,

© 2024 れっかCAMP Powered by AFFINGER5