シュラフ

シュラフ・寝袋の違いや意味はなに?失敗しない4つのポイントを徹底解説

スポンサーリンク

シュラフや寝袋ってどんな違いや意味があるの?

 

テントを購入したら欲しくなるのがシュラフですね!

 

そこで、シュラフや寝袋の違いや意味、また選び方もご紹介します。

 

季節によっても違いますし、ものによって収納サイズがかなり変わってきます。

 

我が家も最初はエアーマットレスと布団を持っていきましたが荷物がかさばって仕方がなかったです・・・

 

この記事を読むことでわかること

・シュラフや寝袋の違いや意味がわかる

・シュラフの選び方のポイントがわかる

家族向けのシュラフ(寝袋)がわかる

季節によって何を選べばいいのかわかる

 

シュラフ1つで寝心地もかなり変わってきます!快適な睡眠のためにもしっかりと選びましょう♪

シュラフ・寝袋の違いや意味はなに?

シュラフや寝袋の意味は何なのでしょうか?

 

まず、シュラフとは、「ドイツ語でシュラフザック(Schlafsack)の略。」になります。

 

シュラフの意味(用途)

✓携帯用の寝具でキャンプや登山の際にテントの中で使ったり、防災用具としても使われる

✓形は様々で人の形をしていたり布団のように四角い形をしているものもありますが、保温性に優れている

✓ものや価格もさまざま(1,000円くらいから5~60,000円くらいのものまで)、夏用や冬用もあり用途によって選べる

 

一方寝袋は日本語で英語ではスリーピングバッグ(sleeping bag)と呼ばれています。

 

意味はシュラフと同じです。『寝袋=シュラフ』です!!!

 

呼び方がカッコイイ、言いやすいなどの理由でシュラフと呼んでいる方が多いです。

シュラフの選び方とは?4つのポイントを徹底解説

ここからはシュラフの種類や素材のご紹介をしていきます。

 

モノによっても温かさや耐寒できる温度が違ってくるのでしっかりと覚えておきたいところですね!

シュラフの選び方①3種類の違い

まずはシュラフの形を知っておきましょう!!

【封筒型】

中に入っての使用だけではなく、ファスナーを開けて布団や敷布団にすることもできます。

 

連結も可能なのでファミリーキャンプの際でも大活躍します。

 

ファミリーキャンプで使用している方はこのタイプが一番多いです。

【マミー型】

マミー=ミイラとも呼ばるように、身体をすっぽり覆ってくれるような形なります。

 

保温性が高いので登山などにも大活躍寒さにとても強いです!

ソロキャンプや寒い冬などではこちらのマミー型がおすすめです。

 

コンパクトなので持ち運びにも楽々ですよ。

【ラップ型】

マミー型に似ていますがマミー型よりも肩口が広いのが特徴。

 

ドローコードがついているのでそれを引っ張り首周りを密着させます。

春から秋口にかけて活躍しますよ!

シュラフの選び方②素材の違い

寝袋(シュラフ)の素材は大きく分けて二つあります。

 

ダウン

保湿性が高いダウン。素材自体がふかふかしています。

ダウンのメリット

  • 軽量
  • コンパクト
  • すぐに温まる

ダウンのデメリット

  • 価格が高め
  • メンテナンスが大変
  • 吸水性があまりないため濡れに弱い(濡れると保温力が低下)

 

化学繊維

安価で手を出しやすく、手入れも簡単です。

化学繊維のメリット

  • ダウンに比べて安価
  • メンテナンスが楽
  • 濡れても保温力が維持できる

化学繊維のデメリット

  • 重い
  • かさばりやすい
登山や旅など持ち運びに重視したい場合はダウンの方がよさそうだね!

シュラフの選び方③生地の素材

生地の素材にもこだわりたいところですが、アウトドア用品は強度を確保しながらも特殊なもので薄い生地を使用しています。

コンパクトになる理由の一つです。

 

ストレッチ性

寝ている間にも体にフィットしてくれるので快適な眠りを維持できます。

余分な隙間が出来ず保湿力があります!

 

防水加工

結露などでテント内でも濡れてしまう可能性もあります。

中がダウンでも外側が防水加工なら安心して使えますよね!

 

シュラフの選び方④季節によって選ぶ

寝袋は夏用・冬用・春から秋にかけて使える3シーズン用があります。

 

初心者さんはいきなり冬のキャンプは危険なのでまずは春から秋にかけて使用できるようなものを選んでいきましょう

 

シュラフには、限界使用温度というものが表示されています。

 

目安としては

夏場:限界使用温度が5~10℃のもの

冬場:限界使用温度が-5℃以下のもの

3シーズン:-5℃~5℃のもの

使用する季節を考えて選ぶようにしましょう!!

 

シュラフで寝にくい方はこちらをチェック

ファミリーで使えるおすすめのシュラフ

わがやのシュラフ S4-511 - DOD(ディーオーディー):キャンプ用品ブランド

出典:DOD

ファミリーキャンプは、みんなで川の字になって眠れるのがいいですよね♪

 

起毛素材と、みんなの体温でさらに暖かく眠れます。

 

更に寒いところへ行かれるときは中にインナーマットを敷いたりして対応します。

 

人気商品をご紹介

DODからも、人気の高いファミリー向けの寝袋があります。

名前からしても家族感がつたわってきますね。

 

-5℃まで対応でき、(冬場は電気毛布も使用すれば快適に寝られます)収納も楽々なのでおすすめですよ!

我が家も愛用中のDODわがやのシュラフ!

わがやのシュラフの口コミは?冬は使えるの?レビューも兼ねてご紹介

大人気のアウトドアブランド【DOD】 そんなDODはソロキャンプでもファミリーキャンプでも愛されていますよね。   今回はDODの中でもファミリーキャンプ向けである『わがやのシュラフ』の口コ ...

続きを見る

 

おすすめのシュラフ季節ごとにご紹介!

初心者でも失敗しない寝袋(シュラフ)の選び方! 種類や使い方もわかる!! - 価格.comマガジン出典:価格.com

 

ここからはおすすめの寝袋(シュラフ)をご紹介していきます。

 

おすすめ寝袋・封筒型

定番のコールマン!!機能性も安定して優れています。

リーズナブルな価格でも機能性抜群のキャプテンスタッグ

おすすめ寝袋・マミー型

高級ダウン使用。防水性にも優れているsoomloom!

寝袋で有名なISKA!!機能性だけでなく寝心地も抜群です。

おすすめ寝袋・ラップ型

丸洗いもできちゃうので安心してしようできますね♪

子供用のコールマンの寝袋です。お子様も快適な睡眠を!

シュラフで有名なブランド

上記でもご紹介しましたが、寝袋で有名なブランドと言えば

モンベル・ISKA

montbell

化学繊維やダウンを採用した登山向けのアウトドア用品を扱っています。高性能のものが多く人気の高いメーカーです。

NANGA

ナンガは創業74年の国産アウトドア寝具、衣料を扱っていて登山用品を多く扱っています。暖かくて軽く種類も豊富です。

snowpeak

スノーピークは創業50年の新潟にある国産メーカーです。中綿の素材は消臭効果もあるので衛生面でも安心。数多くのキャンパーに愛され続けるメーカーです。

ISKA

ISKAは寝袋・シュラフ専門メーカーです。高品質で保温性も高く寝心地がよくて人気の高い国産メーカーです。

価格重視の方はこちらも必見

シュラフのおすすめコスパがいいものは?2000円以下でも大満足!厳選5選ご紹介

キャンプに行くときに必須なシュラフ。快適に寝るためにもシュラフは大事ですよね。   テントも買ったし、どんなシュラフを買おうかな??   いいメーカーは高品質ですが、1つ数万円とい ...

続きを見る

シュラフ・寝袋の意味は?まとめ

シュラフとは、「ドイツ語でシュラフザック(Schlafsack)の略。」

 

寝袋は日本語で英語ではスリーピングバッグ(sleeping bag)

 

どちらも同じ意味合いで、携帯用の寝具のことでキャンプや登山の際にテントの中で使ったり、防災用具としても使われることがあります。

 

シュラフ(寝袋)の種類は

✅封筒型

✅マミー型

✅ラップ型

 

ダウン化学繊維なのか、季節によって使える寝袋も変わってくるので限度使用温度の確認も忘れずに!!

 

これで快適なキャンプを楽しみましょう♪

 

ワークマンのシュラフもおすすめ

-シュラフ
-, ,

error: Content is protected !!

© 2022 れっかCAMP Powered by AFFINGER5