キャンプ車

電気自動車はキャンプにおすすめ?理由やメリットデメリット徹底解説

スポンサーリンク

電気モーターを動力源として走行する電気自動車(EV)。

 

電気自動車は、温室効果ガスの排出量削減に大きな効果があるとして注目されていますが、一方でガソリン代がかからないというメリットもあります。

 

キャンプに向いている車といえば、ランクルやデリカ、ジムニーなどといった4WDの駆動形式や広々とした空間の車が人気ですが、実は、電気自動車もキャンプにおすすめです。

 

電気自動車ってキャンプになぜおすすめなのか、その理由やメリットデメリットを詳しくご紹介します。

 

キャンプが好きで、電気自動車を検討されている方や電気自動車が気になる方ぜひ参考にしてみてくださいね!

電気自動車はキャンプにおすすめ?その理由とは

キャンプの車といえば、トヨタのランドクルーザーやハイエース、三菱のデリカやスズキのジムニーといった室内も広くて山道でも走りやすい車がとても人気ですよね!

 

しかし、正直燃費がいい車とは言えません。

ガソリンが高騰している現在、燃費を考えて車を買い替える方も増えています。

 

そこで、『電気自動車』が注目されています。

では、電気自動車でキャンプをすると何がいいのでしょうか?

ココがポイント

・ガソリンよりも電気の方が費用が安い

・バッテリーを利用して家電を利用することができる

(ホットプレートや電気ケトル、小型の冷蔵庫などが利用可能となる)

・車中泊でエンジンをつけてもうるさくない

・災害時にも役立つ(停電時に電気自動車のバッテリーが活躍する)

 

デメリット

・電気自動車の充電スタンドは、まだまだ数が少ない

・充電時間が長い

・温度が下がりすぎると航続距離が短くなる

 

真冬のキャンプには適していないかもしれませんが、バッテリーを利用できることが最大のメリットとなりそうですね!

 

EV車は今後さらに普及される

世界的に、電気自動車がかなり普及されていますよね。

 

実際にアメリカやヨーロッパでは2035年までに、排ガスを排出する自動車の新車販売を禁止する国が増えてきています。

 

日本は、電気自動車が遅れているといわれていますが、「2030年代後半に純ガソリン車の新車販売をなくす」といった報道がされ、2030年までに現在の約4倍となる3万基の急速充電器の設置を行うと計画されているそうです。

 

世界中で待ったなしの電気自動車への移行に対して、日本も遅れをとりながらも徐々に浸透させていっているようですね!

 

となると、キャンプ場での充電器の設置が増え電気自動車でキャンプをされる時代へと変わっていくことでしょう。

 

リーフや軽自動車サクラなら、リースでも補助金が出ます

リースナブル

EV・HV・PHVの違いをおさらい

EVとは、「Electric Vehicle」の略で、電気をエネルギーにして、モーターを駆動させ、走行します。

 

電気100%で走るので、公共用の充電スタンドもしくは家庭用コンセントを利用します。

 

現在は、国からの補助金も出るので買い換える方も増えている傾向にありますね。

 

電気代もガソリンの約3分の1くらいになり実はかなりお得なのです。

 

日産のリーフやステラ、ホンダeなどが人気

 

HVとは、「Hybrid Vehicle」の略で、異なるものを組み合わせたという意味で、ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせて走行します。

ガソリンで動くエンジンと電気で動くモーターの2つの動力源が備えられた車です。

 

燃費効率がよくガソリン代を抑えられるのが特徴です!

 

ファミリー向けミニバンに多くみられるようになりましたね。(ただ、車体が大きいと燃費はおちやすいです)

 

トヨタ カローラクロスやヴォクシーやホンダステップワゴンなど

我が家も今年ハイブリット車に変えましたが燃費が倍くらい違うのでかなり快適です。

 

PHVとは、「Plug-in Hybrid Vehicle」の略で、プラグインハイブリッドと呼ばれ電気自動車のように外部から充電できるハイブリッド車(HV)のことです。

PHVの場合、ガソリンで動かすエンジンは走行用ではなく発電用として使用するので、電気のみでも走行でき、HV車より燃料代が安いのが特徴です。

(メーカーによってPHEVと呼ぶこともありますが、意味は同じです)

トヨタ プリウス、RAV4、三菱アウトランダーなど

 

ポイント

EV⇒電気100%で走る自動車

HV⇒電気とガソリンを組み合わせて走る

PHV⇒電気自動車のように外部から充電でき、HVより燃費がいい

何を重視するかによっても変わってきますね!

 

キャンプに行く車も、車中泊をする車も電気自動車が増えていくことでしょう。

電気自動車はキャンプにおすすめ?まとめ

電気自動車が普及してきている現代ですが、これからさらに国が勢力をあげて電気自動車に移行していくようです。

電気自動車にするメリット

・ガソリンよりも電気の方が費用が安い

・バッテリーを利用して家電を利用することができる

(ホットプレートや電気ケトル、小型の冷蔵庫などが利用可能となる)

・車中泊でエンジンをつけてもうるさくない

・災害時にも役立つ(停電時に電気自動車のバッテリーが活躍する)

電気自動車の充電スタンドの数や充電時間が長いなどといった問題点はありますが、電気スタンドも増えていき電気自動車で楽しむキャンパーさんが増えることでしょう。

車中泊に必要なもの初心者さん必見!これだけは持って行きたい4選ご紹介

車中泊をしてみたいんだけど、何が必要なのかなぁ?   近年、キャンプブームからテントだけではなく、車の中で泊る車中泊が注目されていますよね。   軽自動車でも、空間が広いものが増え ...

続きを見る

-キャンプ車
-, ,

error: Content is protected !!

© 2022 れっかCAMP Powered by AFFINGER5