調理器具

焚き火での煤汚れはこれが効く!見違えるほど落ちて綺麗に【便利アイテム】

2020年5月30日

スポンサーリンク

キャンプで楽しむ焚き火。

焚き火はそのうえで調理が出来たりするので、一石二鳥ですが、煤の汚れってどうしてますか?

いつもしつこい汚れに苦戦してるよ・・・

真っ黒くなったりして何とかして汚れを落としたいですよね・・・

 

ゴシゴシとこするほど手も汚れていきますよね。

 

そこで、焚き火の煤汚れを落とす役立つ便利なアイテムをご紹介します。

 

これを使えばキャンプの後の煤汚れも綺麗になりますよ♪

これで、真っ黒な汚れにも悩まずにすみます!!

 

やり方もすごく簡単です。キャンプの煤の落とし方はこれがいいです♪さっそく見てみましょう!

キャンプの煤の落とし方はこれが効く

こちらセスキ炭酸ソーダを使用するのが効果的です。

こちらの商品はどんなものなのでしょうか?まずは汚れがどのように落ちるのか見てみましょう。

キャンプの煤汚れをセスキ炭酸ソーダで洗ってみた

では、実際にセスキ炭酸ソーダを漬けて洗ってみましょう!

今回は笑'sのB-6君と、燻製器を洗ってみました。

かなり、ガッツリ汚れてますね!

流し台の蓋を閉めてセスキ炭酸ソーダを入れて水に溶かしてしばらく漬けておきます。

ここまで綺麗になりました!!自然な焼き色はそのままで、炭や脂はきれいに落ちているのがわかりました。

 

ごしごし力を入れてこすらなくても、漬けておくだけで取れやすくなっているのを実感しました。

 

これなら、手も汚れないので清潔ですよね。

これはおすすめです!

アルカリパワーで汚れを落とす!!と書いてありますが、いったいどんな成分がはいっているのでしょうか?

キャンプの煤の落とし方に効くセスキ炭酸ソーダとは?

セスキ炭酸ソーダは、重曹と炭酸ナトリウムで構成された「アルカリ剤」のことです。

 

合成界面活性剤に比べて環境負担が低く、さらさらとした結晶状で臭いもほとんどしません。

※使用する際は必ず水に溶かしてセスキ炭酸ソーダ水として使用します。

 

では、重曹とはどう違うのでしょうか?

セスキ炭酸ソーダと重曹の違い

セスキ炭酸ソーダ 重曹
アルカリ度が強い方 強い 弱い
水に溶けやすい方 溶けやすい 溶けにくい
使う用途 水に溶けやすいためコンロ周りの油汚れやスプレー洗剤として使用 研磨機能があるためクレンザーとして使用

 

セスキ炭酸ソーダのほうが頑固な汚れには効果的ですね!

セスキ炭酸ソーダはタンパク質汚れにも効果的

じつは、セスキ炭酸ソーダは血液などの「タンパク質汚れ」にも効果的です。

 

この機能を利用すれば、油汚れなどの掃除だけでなく、洗濯や染み抜きなどにも使えます。

 

水100mlに対しセスキ炭酸ソーダ1gを溶かす

 

これだけです。

 

これをスプレーボトルに入れれば洗濯や染み抜きも簡単にできますよ。

ちなみに、あらかじめボトルで販売されているものもあります。

 

焚き火での煤汚れはこれが効く!まとめ

セスキ炭酸ソーダを使用したところ、しつこい汚れがきれいになりましたね!

 

コンロは使えば使うほど味が出てくるものです。

 

焼き色がついたりしてピカピカよりもかっこいいものですが、炭や脂汚れは極力きれいにしたいもの。

 

これはキャンプ後の汚れだけではなく普段使いのコンロなどの汚れや洗濯にも使用できますね。

いろいろと応用が利くので持っていて損はなさそうです!

 

ドラックストアでも販売しています!!

ぜひ試してみてくださいね!

-調理器具
-, ,

error: Content is protected !!

© 2022 れっかCAMP Powered by AFFINGER5