キャンプ用品

キャンプに必須なテーブルの選び方のコツ~素材・おすすめ解説~

2020年5月14日

スポンサーリンク

キャンプに行くときに必ずと言っていいほど必要になってくるのがテーブルですよね!!

食事をする際、何かものを置く際に必ず使いますね。

テーブルの選び方をご紹介していきます。

\椅子の選び方も知っておきましょう/

詳しくはコチラ

こんな方におすすめ

  • キャンプへ行きたいけどテーブル選びに悩んでいる方
  • 椅子は買ったけどそれに合うテーブルが欲しい方
  • 椅子とテーブルが組み合わさったものを探している方

キャンプで必須なテーブルの選び方

キャンプスタイルは大きく分けて2種類あります。

それに合わせてテーブルも選んでいきます。(もしくは、椅子をすでにお持ちの方はその椅子の高さに合わせていきます)

このスタイルが違うだけで、雰囲気や使い勝手が変わってくるのでイメージしながら選んでいきます。
れっか

【キャンプスタイル】ハイスタイルテーブルの特徴

ハイスタイル

こちらは日常使用する食卓テーブルをイメージしていただければと思います。

メリット

メリット

料理がしやすい

作業がしやすい

デメリット

高さがある分荷物の持ち運びが大変

【キャンプスタイル】ロースタイルテーブルの特徴

ロースタイル

こちらはハイスタイルに比べて脚が低いタイプです。

メリット

小さなお子さんでも届きやすい

高さが低めのテントでも入りやすい

デメリット

日常生活のテーブルより低いので慣れるのには個人差がある

高さが調節できる便利なテーブルもありますよ♪下記で紹介します。
れっか

【テーブルの選び方】素材で選ぶ

大体のテーブルに使われている素材としてアルミ、木材、ステンレスがあります

アルミの特徴

アルミ製のメリットは軽量なことです!!

持ち運んだりするのに重さは重要ですよね。
脚や骨組みなどに使われるケースが多いようです。また、水にも強いことが特徴です。

木材の特徴

木材の特徴はなんといっても、木目など自然体で落ち着きますよね。

その元々のデザイン性に惹かれる方は多いです。

木の種類によっては重くなることもあるので注意が必要です。

ステンレスの特徴

ステンレスの特徴と言えば長く使っても劣化しにくい、錆びにくいことです。

丈夫なので長持ちさせるにはいいですね。

【テーブルの選び方】サイズ選び

使用する人数によっても変わってきます。

小さすぎたりても不便ですが、大きすぎても持ち運びに大変になります。

メインテーブルだけではなく、荷物は別のサブテーブル等を使用する方法もあるのであくまで食事等を置けるスペースを考えて決めましょう。

【テーブルの選び方】収納・重さ

テーブルはキャンプ用品の中でも大きく場所をとるものなので、収納や持ち運ぶときの重さも重視したい点です。収納の仕方は大きく分けて二種類あります。

折りたたみ式→二つに折りたたんで持ち運びます。

ロール式→ロールケーキのようにくるくると巻き付けて収納します。

家で保管する際の収納もイメージしておくと、いいと思います。重さもそれぞれちがってくるので注意が必要です。

またすでに椅子をお持ちの方は椅子との相性(大きさ等)も兼ねて探してみるといいです。

種類別おすすめキャンプテーブル

種類別でテーブルのご紹介をしていきます。

折りたたみ式テーブル

こちらのColemanのテーブルは高さが二段階できるものになります。ロースタイルでもハイスタイルでもたのしめますね♪

椅子とテーブルセット

こちらは人気の高いメーカーですよね。椅子とテーブルがセットになっています♪よりコンパクトに収納できますね。

ロールテーブル

こちらは、4~6人用のテーブルですがロールテーブルなので、収納がコンパクトになり持ち運びにも便利です。

1人用コンパクトテーブル

おひとり用だったり、バイクで行ったりすると収納がかぎられますよね!コンパクトさを重視したものをご紹介します♪

いかがでしたか?購入する際のイメージとなれば幸いです。

キャンプは道具を選ぶところから楽しんで行きましょう♪

キャンプで必須な椅子の選び方

スポンサー

  • この記事を書いた人

れっか

はじめまして。れっかです。 このサイトは、これからキャンプを始めたい方、もっと便利でいい道具を探している方、ファミキャンメインでされている方々にとって有益な情報を提供しています。キャンプ道具は奥が深いですが、日常にも使えて便利ですよ♪

-キャンプ用品
-, ,

© 2020 れっかCAMP Powered by AFFINGER5